このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「児童福祉施設等里親支援機関の専門性を活かした里親養育支援のあり方に関する研究」

1 事業名 児童福祉施設等里親支援機関の専門性を活かした里親養育支援のあり方に関する研究
2 実施年度 研 究:2017年度実施
成果物:2018年度発行
3 実施主体 社会福祉法人二葉保育園二葉乳児院 二葉・子どもと里親サポートステーション
4 補助・助成の有無 平成29年度 植山つる児童福祉研究奨励基金
5 報告書の概要 全国社会福祉協議会は、故 植山つる氏(元淑徳大学名誉教授)からのご寄付により、保育者の専門性を高めるための研究活動を奨励することを主旨として、昭和53年度に「植山研究奨励基金」を発足し、研究助成事業を行ってまいりました。平成元年度からは、児童福祉施設に働く保育士ならびに指導員等職員に対象を拡大し、「植山つる児童福祉研究奨励基金」と名称を改め、広く研究活動を奨励しています。
平成29年度に助成した上記研究をとおし、「子どもと里親のためのサポートハンドブック1,2」が研究成果物として作成されました。 このハンドブックは、二葉乳児院での里親支援の実績をもとに、里親自身の子育てや里親支援を行う人たちの支援の参考として活用できるように作成されたものです。
6 報告書の目次 子どもと里親のためのサポートハンドブック1
  1. 子どもを迎える前に確認しておきたいこと
  2. 中途養育からの関係づくり・大切にしたいこと
  3. 子どもの委託打診・交流中に知っておきたいこと
  4. 長期外泊から委託間もなくのころ
  5. 委託後の子どもとの暮らし
  6. 里親家庭から子どもが離れるとき
子どもと里親のためのサポートハンドブック2
  1. 乳幼児期の生活リズム
  2. 子どもとのくらし
  3. 子どもの生活
  4. 子どもと学び
7 報告書の入手(提供)について 下記よりダウンロードをお願いします。
8 連絡先 社会福祉法人全国社会福祉協議会 児童福祉部
植山つる児童福祉研究奨励基金事務局
TEL:03-3581-6503

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

以下フッターです。
社会福祉法人全国社会福祉協議会
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3丁目3番地2号 新霞が関ビル電話:03-3581-7820(代表)
Copyright(C)2016 Japan National Council of Social Welfare. All Rights Reserved.
フッターここまで
ページの先頭へ