このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

災害時福祉支援活動の強化のために
-被災者の命と健康、生活再建を支える基盤整備を- (提言)

全社協「災害時福祉支援活動に関する検討会」(座長:宮本太郎 中央大学教授)は、令和元年9月30日、報告書(提言)「災害時福祉支援活動の強化のために -被災者の命と健康、生活再建を支える基盤整備を-」を取りまとめました。

近年、毎年のように地震や台風・豪雨災害が多大な被害を引き起こしています。さらに、「国難」級の被害が想定されている南海トラフ地震や首都直下地震も高い確率で発生が見込まれており、いつ、どこで起きてもおかしくない災害にいかに備えるか、柔軟で実効性の高い救助と支援の態勢をどうつくりあげるかは、日本社会にとって喫緊の課題となっています。その態勢づくりにおいては、福祉分野における取り組みがますます重要になります。

頻発する自然災害に対し、全国の社協、民生委員・児童委員、社会福祉法人・福祉施設をはじめとする福祉関係者は、この間、高齢者や障害者等、「災害弱者」(あるいは「災害時要援護者」「災害時要配慮者」)の避難行動や避難生活の支援、被災者の生活再建を支援する災害ボランティア活動の拡大、被災者への生活福祉資金の貸付、一般避難所の避難者等に対して福祉的観点からの相談支援を行う災害派遣福祉チーム(DWAT)活動、さらには生活支援相談員による生活再建への寄り添い支援等、順次その範囲や内容を広げ、被災者の命や健康を守るとともに、生活再建への力なるよう取り組んできました。

本検討会においては、近年の災害支援活動を通し明らかとなった被災者支援活動(災害時福祉支援活動)における問題点について、あらためて整理するとともに、その改善のために必要な方策を提示すべく検討を行い、今般、とくに急がれる公的な支援を中心に提言を取りまとめました。




PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。
社会福祉法人全国社会福祉協議会
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3丁目3番地2号 新霞が関ビル電話:03-3581-7820(代表)
Copyright(C)2016 Japan National Council of Social Welfare. All Rights Reserved.
フッターここまで
ページの先頭へ