このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

『私の老後の生き方・暮らし方ノート』過去~現在~地域社会で生きる未来

地域社会で生きる「老後」を自ら考えるとき、お手伝いができるノートが出来上がりました。

おすすめします。老後の生き方・暮らし方のデッサン

長寿国の日本では、高齢期の人びとや退職世代が、これからどう生きるか、暮らすかといったことへの関心が高まっています。

そこで、全国社会福祉協議会では、老後を上手に生きたいと思っている方にお役立ちいただけるよう、自らの人生をふりかえり、これからの地域社会での生活を描けるよう、気軽に取り組めるノートを作成しました。

『老後の生き方・暮らし方ノート』は、高齢期に備えて自らがつくる未来予想図、私の生き方手帳です。ふと、人生をふりかえりたい時、これからの生活を考えたいとき、早速試してみませんか?

気軽に取り組める3つのノート

  1. その①:「自分史」「安心マップ」で人生をふりかえり、日常生活に必要な人や組織、収入・支出を図式化します。
  2. その②:「生き方・暮らし方の自己決定ノート」で普段の暮らしを記録し、介護が必要になったときの希望を表明します。
  3. その③:「老後と地域の未来予想図」で今後の生き方や暮らし方、地域社会の希望する姿と自らの役割を考えます。

巻末付録:「老後に役立つキーワード」を掲載



PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

以下フッターです。
社会福祉法人全国社会福祉協議会
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3丁目3番地2号 新霞が関ビル電話:03-3581-7851(代表)
Copyright(C)2016 Japan National Council of Social Welfare. All Rights Reserved.
フッターここまで
ページの先頭へ