ともに生き支えあう
福祉のまちづくりを目指して

会員制度

社協は皆さんの助け合いの心に支えられています

 社協は、全国の都道府県及び市区町村毎に組織され、地域の実情に応じて住民の福祉を増進することを目的とする、社会福祉法に位置づけされた民間の福祉団体です。
 他の福祉団体・機関との違いは、特定の保健福祉問題の解決を活動の目的とするのではなく、地域社会において解決しなければならない福祉課題を把握し、その解決に向けた取り組みを住民参加で進めるところにあります。社協の活動原則は、次のように定められており、誰もが安心して暮らせる福祉の町づくりを目指して活動を進めております。

活動を進めるための財源は、町民の皆さんからの会費や寄付金、赤い羽根共同募金配分金、町からの補助金、受託金などです。
 社協がさまざまな事業を展開していく上で、町民の皆さんからの会費は重要な運営資金になります。
 
 社協の会員制度は、地域における福祉課題解決の取り組みを、住民ニーズに即して広く住民の参加と協力・支持のもとに進めるために昭和54年にスタートし、これまで町民のみなさんの支えによって福祉活動を進めてくることができました。
 
 階上町の福祉充実のため一人でも多くの皆さんに社協会員としてご協力いただきますようお願いしております。

〇社会福祉協議会活動原則
【住民ニーズ基本原則】
 広く住民の生活実態・福祉課題等の把握に努め、そのニーズに
 立脚した活動を進める。
【住民活動主体の原則】
 住民の地域福祉への関心を高め、その自主的な取り組みを基礎
 とした活動を進める。
【民間性の原則】
 民間組織としての特性を生かし、住民ニーズ、地域の福祉課題
 に対応して、開拓性・即応性・柔軟性を発揮した活動をすすめ
 る。
【公私協働の原則】
 公私の社会福祉および保健・医療、教育、労働等の関係機関・
 団体、住民等の協働と役割分担により、計画的かつ総合的に活
 動をすすめる。
【専門性の原則】
 地域福祉の推進組織として、組織化、調査、計画等に関する専
 門性を発揮した活動をすすめる。

〇会費の種類
世帯の皆さんを対象に
 ・普通会員   年額1,000円
 ・賛助会員   年額2,000円
 ・特別賛助会員 年額5,000円

企業・団体・法人等事業所の皆さんを対象に
 ・団体会員   年額3,000円

▲ページトップへ戻る

© 2022 社会福祉法人 階上町社会福祉協議会