生活支援コーディネーターからのお知らせ

協議体について

協議体とは?
生活支援・介護予防サービスの体制整備に向けて、多様なサービスの提供主体の参画が求められることから、市町村が主体となって、「定期的な情報の共有・連携強化の場」として設置することにより、多様な主体間の情報共有及び連携・協働による資源開発等を推進する。  (厚生労働省:ガイドラインより)



西伊豆町では平成29年度より『ささえ愛西伊豆』という名称で協議体を設置しています。



協議体の役割
(1)コーディネーターの組織的な補完

(2)地域ニーズ、既存の地域資源の把握、情報の見える化の推進

(実態調査の実施や地域資源マップの作成等)

(3)生活支援等サービスの担い手の養成やサービス開発

(4)地域づくりにおける意識の統一を図る場

(5)情報交換の場、働きかけの場


▲ページトップへ戻る

生活支援コーディネーターについて

□◆□生活支援コーディネーターとは?□◆□

別名「地域支え合い推進員」と言います。高齢者の生活支援・介護予防の基盤整備を推進していく事を目的とし、地域において生活支援・介護予防サービスの提供体制の構築に向けたコーディネート機能を果たす者のことです。      (厚生労働省:ガイドラインより)


□◆□生活支援コーディネーターの役割□◆□

(1)社会資源の把握、地域に不足するサービスの創出や担い手の養成等の資源開発

(2)関係者間の情報共有等、連携の為のネットワーク構築

(3)地域の支援ニーズと取組のマッチング

が主な役割です。


□◆□生活支援コーディネーターの具体的な仕事とは?□◆□

(1)情報を集めています

高齢者を支援する活動や高齢者の活躍の場の情報を集めています。

(2)様々な情報を紹介しています

「近所の気軽に行ける場所を知りたい」「ちょっと困った時の相談先を知りたい」「地域で社会貢献活動をしたい」

そんな方に必要な社会資源を紹介しています。

〇サポートが必要な方へ

・日常生活上の支援を行う団体(NPO法人や社会福祉法人等)

・住民同士の助け合い活動

・気軽に立ち寄れる居場所(サロン、カフェ、趣味活動の場、ますます元気体操活動拠点等)

〇地域での社会貢献活動に興味がある方へ

・地域で活動しているボランティア団体

・高齢者への生活支援を学ぶ研修会

(3)地域の助け合い支え合いの仕組み作り

〇ワークショップ(座談会)の開催

みなさんが暮らしやすい地域にするために・・・

・どんな地域にしていきたいか

・地域に住んでいる方が困っていることについて

・解決するために何が必要か

・地域としてどんなことができるのか     等


▲ページトップへ戻る

生活支援体制整備事業とは

-生活支援体制整備事業とは-
平成27年4月の介護保険法改正により、地域支援事業に位置付けられた新事業です。(介護保険法第115条の45第2項第5号)

単身や夫婦のみの高齢者世帯、認知症の高齢者が増加する中、医療・介護のサービス提供だけではなく、地域住民に身近な存在である市町村が中心となって、生活支援サービスを担うような様々な事業主体と連携しながら、多様な日常生活上の支援体制の充実・強化と高齢者の社会参加の推進を一体的に図っていくために

(1)生活支援コーディネーターを配置
(2)協議体を設置する

としています。


西伊豆町社会福祉協議会では平成29年度より西伊豆町から委託を受けて、生活支援コーディネーターを配置しています。
また協議体を「ささえ愛西伊豆」という名称で設置しています。

▲ページトップへ戻る