共同募金

募金の使い道

 みなさまからお寄せいただいた貴重な浄財の60%~70%が韮崎市に配分され、高齢者や障がい者の方々を対象とした各種福祉事業や老人憩いの家整備事業などに活用されております。その他は、県全体の福祉活動や広報活動をするための資材等に活用されております。

〇令和2年度の活用内容

(福祉事業への配分)
◆生活保護世帯、重度障がい(児)者世帯への餅や生活用品の配布
◆社協だより・ボランティアだより発行費用の一部
◆ボランティア活動者・団体への活動費助成

(公民館等への配分)
韮崎地区 天神町  エアコン工事一式
韮崎地区 中島町  刈り払い機購入
穂坂地区 長久保  ブロックバイス購入
穂坂地区 鳥の小池 テレビ、DVDプレーヤー購入
藤井地区 駒井   テーブル、イス購入
藤井地区 絵見堂  網戸取付、刈り払い機購入
穴山地区 石水   冷蔵庫
円野地区 下円井  エアコン工事一式
清哲地区 御杉   屋根改修工事
神山地区 鍋山   網戸取付、イス購入
神山地区 武田   放送機器購入
旭地区  竹の内  照明器具LED化工事
龍岡地区 みだいスカイタウン 空気清浄機、刈り払い機購入

▲ページトップへ戻る

共同募金とは

 赤い羽根をシンボルとする共同募金は、戦後、民間の社会福祉施設などに対する財政補填のために行われていた民間の募金活動を制度化したものですが、今日では各都道府県に設立された共同募金会が実施主体となって、社会福祉を目的とする様々な事業活動に幅広く配分されるようになりました。
 社会福祉法では、共同募金を「都道府県の区域を単位として、毎年1回、厚生労働大臣の定める期間内に限ってあまねく行う寄付金の募集であって、その区域内における地域福祉の推進を図るため、その寄付金をその区域内において社会福祉事業、更生保護事業その他の社会福祉を目的とする事業を経営する者(国及び地方公共団体を除く。)に配分することを目的とするものをいう。」と規定しています。

▲ページトップへ戻る

運動期間について

厚生労働大臣の告示により、毎年10月1日から3月31日までの6か月間とされており、12月については、「歳末たすけあい募金」、1月からの3か月間は「テーマ募金として」実施されています。運動期間には、市内の街頭でボランティアの方々による募金活動が行われています。

▲ページトップへ戻る

共同募金の意味と歴史

 赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後の昭和22年に、市民が主体の取組としてスタートしました。
 当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たしてきました。
 その後、「社会福祉法」という法律をもとに「民間の社会福祉の推進」に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。
 そして、60年以上たった今、社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動を進めています。
 赤い羽根共同募金は、市民自らの行動を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」です。

▲ページトップへ戻る