障がい福祉事業

居宅介護・重度訪問介護

 利用者が居宅において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の身体その他の状況及びその置かれている環境に応じて、入浴、排泄および食事等の介護、調理、洗濯および掃除等の家事並びに生活等に関する相談および助言その他の生活全般にわたる援助を行います。

【居宅介護の内容】
 (1)居宅介護計画等の作成
 (2)身体介護に関する内容
   ア.食事の介護
   イ.排泄の介護
   ウ.衣類着脱の介護
   エ.入浴の介護
   オ.身体の清拭、洗髪
   カ.通院等の介助(身体介護を伴う場合)
   キ.その他必要な身体の介護
 (3)通院等のための乗車又は降車の介護
 (4)家事援助に関する内容
   ア.調理
   イ.衣類の洗濯、補修
   ウ.住居等の掃除、整理整頓
   エ.生活必需品の買物
   オ.関係機関との連絡
   カ.その他必要な家事

【重度訪問介護の内容】
 (1)居宅介護計画の作成
 (2)重度訪問介護
   ア.食事の介護
   イ.排泄の介護
   ウ.衣類着脱の介護
   エ.入浴の介護
   オ.身体の清拭、洗髪
   カ.通院介助
   キ.調理
   ク.洗濯
   ケ.掃除
   コ.外出時における移動中の介護
   サ.その他日常生活を営む為に必要な身体の介護及び家事
 (3)生活等に関する相談及び助言


 介護職員処遇改善加算 (加算Ⅰ)
 介護職員等特定処遇改善加算 (加算Ⅱ)

▲ページトップへ戻る

特定相談支援事業

 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、就労支援、教育等のサービスが、多様な事業者から総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して指定計画相談支援を行います。

【事業の内容】
 (1)基本相談支援に関する業務
 (2)サービス利用支援に関する業務
 (3)指定継続サービス利用援助に関する業務

▲ページトップへ戻る

一般相談支援事業

 利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、就労支援、教育等の関係機関と緊密な連携を図りつつ、指定相談支援を利用者の意向、適正、障害の特性その他の事情に応じ、適切かつ効果的に行います。

【事業の内容】
 (1)基本相談
 (2)地域移行支援
    ①地域移行支援計画の作成
    ②入院施設や精神科病院への訪問による利用者に対する
     相談及び援助
    ③障害福祉サービス事業の体験的な利用等に係る同行に
     よる必要な支援
    ④一人暮らしに向けた体験的な宿泊に係る支援
 (3)地域定着支援
    ①地域定着支援台帳の作成
    ②利用者に対する常時の連絡体制の確保
    ③緊急時における一時的な滞在等による支援

▲ページトップへ戻る