日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業

認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が不十分な人の権利を擁護することを目的として、地域において自立した生活が送れるよう福祉サービスの利用援助や日常的金銭管理等を行うものです。
※事業名称が「地域福祉権利擁護事業」から「日常生活自立支援事業」に変わりました。



下田市内に居住している人
認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が不十分な人で、かつ、本事業の内容について理解する能力がある人。
本事業の利用意思がある人


◆ 福祉サービス利用援助や金銭管理サービス
サービス内容
福祉サービスの利用に関する援助
福祉サービスの利用に関する苦情解決制度の利用援助
日常生活上の消費契約及び行政手続き等の援助
以上の援助に伴う預貯金の払い戻し、預貯金の解約、預け入れの手続き、などの日常的金銭管理
利用料 1回 1,200円


◆ 書類などの預かりサービス
サービス内容
通帳・証書などを保管します。 保管できるもの
預貯金通帳
証書(年金証書、権利書、保険証書、契約書など)

保管できないもの
宝石、貴金属、書画、骨董品など

▲ページトップへ戻る