明るく住みよい町づくりに、心にふれあいの輪を広げよう

介護事業所

南伊豆町社会福祉協議会介護事業所

 南伊豆町社会福祉協議会では居宅介護支援(ケアマネージャー)、訪問介護、訪問入浴介護、障害者居宅介護事業を実施しております。
 サービスの概要は以下のとおりです。

1.居宅介護支援事業
 介護支援専門員(ケアマネージャー)を配置し、要介護の状態、要支援の状態にある高齢者の方々に対し、能力に応じた生活を送れるよう訪問調査を行い、ケアプランの作成を行います。また介護認定等にかかる代行申請なども行います。

2.訪問介護・訪問入浴介護
 訪問介護は介護福祉士、ホームヘルパーの有資格者により、要介護の方々が在宅において日常生活を営むことができるよう身体、排泄、食事の介護等、生活全般にわたり援助を行います。
 また、訪問介護員と看護師により、入浴介護を行います。

3.障害福祉サービス(居宅介護・重度訪問介護)
 障害を持った方々が在宅で日常生活を営むのに必要な介護等、生活全般にわたり援助を行うもので、訪問介護のヘルパーが対応します。

 詳しくは南伊豆町社会福祉協議会介護事業所(62-3651)までお問い合わせください。


 <秘密の保持と個人情報の保護について>

(1)利用者及びその家族に関する秘密の保持について
①事業者は、利用者の個人情報について「個人情報の保護に関する法律」及び厚生労働省が策定した「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」を遵守し、適切な取り扱いに努めるものとします。
②事業者及び従業者は、サービスを提供する上で知り得た利用者及びその家族の秘密を正当な理由なく、第三者に漏らしません。
③また、この秘密を保持する義務はサービス提供契約が終了した後においても継続します。
④事業者は、従業者に、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持させるため、従業者である期間及び従業者でなくなった後もその秘密を保持するべき旨を、従業者との雇用契約の内容とします。
(2)個人情報の保護について
①事業者は予め文書で同意を得ない限り、サービス担当者会議等において、利用者又はその家族の個人情報を用いません。
②事業者は、利用者及びその家族に関する個人情報の記録物については、善良な管理者の注意をもって管理し、また処分の際にも第三者への漏洩を防止するものとします。
③事業者が管理する情報については、利用者の求めに応じてその内容を開示することとし、その結果、情報の訂正、追加、削除を求められた場合は、遅滞なく調査を行い、利用目的の達成に必要な範囲内で訂正等を行うものとします。(開示に際して複写料などが必要な場合は利用者の負担となります。)

▲ページトップへ戻る

© 2022 copyright (c) 南伊豆町社会福祉協議会 allrights reserved.