手をつなぐ育成会

手をつなぐ育成会とは

手をつなぐ育成会は、昭和27年に3人のお母さんが知的な障がいのあるわが子の幸せを願い、教育、福祉、就労などの施策の整備、充実を求めて、仲間の保護者、医療、福祉、教育等の関係者、市民の皆さんに呼びかけたことをきっかけに発足しました。

呼びかけに応えて、全国の親や関係者が立ち上がり、47都道府県すべてに「手をつなぐ育成会」が結成されました。

▲ページトップへ戻る

大空町手をつなぐ育成会とは

大空町内に在住している障がい児(者)とその家族の福祉の向上に寄与することを目的としています。そのために以下の事業を行っています。

家庭の福祉に関する事業
例えば、
・お子さんに障がいがあるとわかっても誰に相談したらいいかわからないときに
・保育園、幼稚園、学校のことで誰に相談したらいいかわからないときに

社会啓発に関する事業
例えば、
・障がいについて幅広い人々に理解してもらうために

社会復帰の促進に関する事業
例えば、
・卒業後の進路で誰に相談したらいいかわからないときに
・就職先のことで誰に相談したらいいかわからないときに

▲ページトップへ戻る

事業内容

手をつなぐ育成会 全道大会
ふれあい広場
手をつなぐ育成会 忘年会
手をつなぐ育成会 新年会
その他相談・普及・啓発事業等

大空町手をつなぐ育成会に関するお問い合わせは、お気軽に社会福祉協議会までどうぞ。

▲ページトップへ戻る