このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「権利擁護・虐待防止2019」の概要

1 名称 「権利擁護・虐待防止2019」
2 実施年度 令和元(2019)年度
3 実施主体 社会福祉法人 全国社会福祉協議会
4 補助・助成の有無 なし
5 概要 本会では、権利擁護・虐待防止に関する総合的な推進事業として、「権利擁護・虐待防止」を発行しています。本書は、この一年間の主要な動向と課題、また関係省庁などの資料等を掲載しています。
2019年版では、子どもの権利条約が国連総会で採択されてから30年、日本が締約国となってから25年を迎えることから、「子どもの権利の実現をめざして」を特集のテーマとするとともに、権利擁護・虐待防止等の現状と課題を全分野的に掲載しています。
6 目次
  1. Ⅰ 特集 子どもの権利の実現をめざして
    1. 「子どもの権利条約30年、何が変わったのか―国連採択30年、日本批准25年を節目に検証する」
      早稲田大学文学学術院・文化構想学部 教授 喜多 明人
  2. Ⅱ 権利擁護・虐待防止の動向と課題
    1. 「子どもの権利擁護・虐待防止2019」
      関西大学人間健康学部 教授 山縣 文治
    2. 「障害者の地域生活と権利擁護」
      毎日新聞 論説委員 野澤 和弘
    3. 「我が国における高齢者虐待防止に関する動向と課題」
      東北福祉大学、認知症介護研究・研修仙台センター 吉川 悠貴
    4. 「地域共生社会の実現に向けた生活困窮者自立支援制度の役割と課題」
      明治学院大学 教授 新保 美香
    5. 「日常生活自立支援事業の現状と課題」
      明治大学法科大学院 教授/弁護士 平田 厚
    6. 「地域生活定着支援センターの10年―これまで、そして、これから-」
      一般社団法人全国地域生活定着支援センター協議会 事務局長 伊豆丸 剛史
    7. 「福祉サービスの苦情の現状と課題」
      全国社会福祉協議会 政策企画部
  3. Ⅲ 権利擁護・虐待防止最新関係資料
  4. Ⅳ 権利擁護・虐待防止 関係団体紹介
7 入手(提供)について 在庫がある限り、1冊1,000円(税込)で頒布いたします。ご希望される方は、お手数ですが、申込書に必要事項をご記入のうえ、下記連絡先までメールもしくはFAXにてお送りください。送料は別途ご負担となります。
8 連絡先 全国社会福祉協議会 政策企画部
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル4階
TEL 03-3581-7889 FAX 03-3580-5721
Mail:z-seisaku@shakyo.or.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

以下フッターです。
社会福祉法人全国社会福祉協議会
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3丁目3番地2号 新霞が関ビル電話:03-3581-7820(代表)
Copyright(C)2016 Japan National Council of Social Welfare. All Rights Reserved.
フッターここまで
ページの先頭へ