南房総市和田地区社会福祉協議会と交流会!

2月20日(火)社会福祉法人長柄町社会福祉協議会(以下「当会」)では、当会が長柄町から受託している生活支援体制整備事業(長柄町生活支援協議会)の研修の一環で、南房総市で実施している救急医療情報カプセル事業について、南房総市和田地区社会福祉協議会(会長 内藤辰之進)と交流会(情報交換)を行ってまいりましたのでお知らせします。
和田コミュニティーセンターで行われた交流会には、当会からは会長・池澤儀之ほか地区社協、生涯クラブ連合会、障害者福祉会、ボランティアコーディネーター、町行政職員、当会事務局職員が参加し、和田地区社会福祉協議会の皆様のほか、事業主体である南房総市担当者及び活動を支援している社会福祉法人南房総市社会福祉協議会(会長 渋谷幸一)の渋谷会長ほかが出席し、活発な意見交換が行われました。
当会では、介護保険法改正に伴う生活支援体制整備の一環で、高齢者の見守り体制の整備を最重要課題と捉え様々な角度から、長柄町生活支援協議会の場等で検討を行っております。この救急医療情報カプセルも検討の際に配布後のケアなどが課題となったため、先進地での事例を視察させて頂きました。
当会では、長柄町生活支援協議会、長柄町地域ケア会議などの場で、今回の視察を踏まえ長柄町と協働し、どういった形で見守りなどの生活支援体制を整備するか、具体化に向け議論を加速させたいと考えております。
本件や見守り等の生活支援体制整備、その他についてご意見等がある場合には、町社協事務局(TEL0475-30-7200 又はメール nagarask@atlas.plala.or.jp)までお寄せください。検討の場で紹介させて頂きます。

※下記リンクは南房総市ホームページです。ホーム→暮らしの情報→高齢者福祉→「救急医療情報カプセルがあれば、いざという時に安心です」に進んでください。
※障害者福祉会は団体名称なのでそのままの記載とさせて頂いております。


リンク:http://www.city.minamiboso.chiba.jp/

▲ページトップへ戻る