ミニデイサービス×「蕎麦打ち」のコラボ

10月27日(木)と本日、福祉センターで開催されたミニデイサービス事業で、今年も「長柄蕎麦打倶楽部」の皆様のご協力により参加された高齢者の皆様に蕎麦打ちの見学や体験をしていただきました。参加した皆様は昔の体験などと重ね合わせて楽しくまた興味深そうに蕎麦打ちを見たり、手慣れた蕎麦打ち倶楽部会員の皆様の手つきに感心していました。
できたお蕎麦はこの後の昼食で、ボランティアの方々が揚げた天麩羅などと高齢者の皆様に振る舞っていただきました。

「長柄蕎麦打倶楽部」の皆様のご協力には、この場をお借りしまして心から御礼申し上げます。

ミニデイサービスは、独居や、要介護までいかなくても身体的機能に低下の見られる高齢者の外出機会の確保を通じた孤立防止の一環として平成6年から実施されている伝統ある事業です。社会福祉法人長柄町社会福祉協議会では今後とも、高齢者が元気で、安心して暮らせる地域づくりを目指して本事業を実施してまいります。


▲ページトップへ戻る