平成28年度第3回「地域福祉の担い手養成講座」を開催しました。

千葉県および社会福祉法人千葉県社会福祉協議会では、本日長柄町のご協力を得まして長柄町役場庁舎3階協議会室を会場に、平成28年度第3回「地域福祉の担い手養成講座」を実施しました。社会福祉法人長柄町社会福祉協議会(以下「当会」)ではコミュニティーソーシャルワーカーの養成課程を修了した職員1名をファシリテーターとして派遣し講師をサポートしました。

講座は作新学院大学女子短期大学部幼児教育科 坪井真教授を講師に迎えコミュニティーソーシャルワークの基礎とKJ法を活用した地域福祉課題の発見と解決方法へのアプローチの演習を行いました。6~8名を1テーブルに模造紙を広げ、様々な意見を出し合い、集約していました。講師とファシリテーター2名は各テーブルを回りながら地域資源とは何か、意見集約の方法等をアドバイスを行っていました。

最後に各グループの発表が行われ、様々な意見が出され真剣な討議が行われたことがうかがえました。また講師からは講評として地域の結びつきや連携が日頃からうまくいっていることがうかがえ、ポテンシャルがあると高い評価を頂きました。
今後とも、当会ではこうした地域住民の意見を吸い上げ、地域福祉活動に活かしてまいりたいと考えております。なお、今回の講座にはファシリテーター1名を社会福祉法人長南町社会福祉協議会から派遣して頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。


▲ページトップへ戻る