長柄中学生の職場体験~給食サービスのお手伝い~

長柄町立長柄中学校(校長・小川厚生)の生徒2名が長柄町役場のご協力のもと、社会福祉法人長柄町社会福祉協議会(以下「当会」)へ職場体験に訪れました。
生徒には、毎週火曜日長柄町から受託して実施している給食サービスのパッケージと配達のお手伝いをして頂きました。今回配達のお弁当には福祉教育推進指定校事業の一環で長柄中学生がデザインし、長柄小学生が色付けした包み紙を使用し、福祉教育とのコラボが実現しました。
お弁当を受け取った高齢者は、色鮮やかで、楽しいデザインの包み紙と中学生に言葉をかけられ、嬉しそうに受け取って、お礼をしていました。また別な高齢者は「自分もぬり絵するんだよ。」と自分の作品を見せていました。中学生も今日の体験をとおして高齢の方の生活の実情を垣間見たようでした。
今後とも当会は、福祉教育等を通じた世代間交流を推進し、将来地域を担う青少年にいたわりと優しい心を育み、安心して生活できる地域社会づくりに貢献してまいりたいと存じます。


▲ページトップへ戻る