「2地区合同おたのしみ会」盛大に開催!

本日、長柄地区社協および日吉水上地区社協主催による「2地区合同お楽しみ会」が福祉センターにて盛大に挙行され、59名の元気な高齢者の皆様にご参加いただきました。本お楽しみ会は今年で10回目を迎えました。

午前中は、長柄町地域包括支援センター職員をお迎えし、脳トレや早口ことば、簡単な運動など最近増えている認知症の予防について学びました。
午後は、千葉県警茂原警察署移動交番車・警察官による被害が後を絶たない特殊詐欺や交通安全の講話のほか、サックスの生演奏による合唱を楽しみました。最後はビンゴ大会で、参加者は慣れないビンゴカードに戸惑いながらも、「当たった~」「いや~まだ~」などの歓声があげ楽しんでいました。

高齢社会に突入した地域社会の助け合いの仕組みをどう構築していくかは、担い手を含めた人材の確保が大きな課題となっています。本お楽しみ会も早朝から、昼食やおやつの準備、会場設営、社協車両による送迎など地区社協役員やボランティアの方々など多くの皆様のご協力により挙行できました。

社会福祉法人長柄町社会福祉協議会では、2地区社協の、高齢者が生きがいを持ち、健康に暮らしていくための集いの場などを提供する取り組みを支援してまいりますとともに、地域で活躍する人材の確保にも長柄町をはじめとする関係機関と連携しながら取り組んでまいります。
最後になりましたが、この場をお借りし、本お楽しみ会にご尽力賜りました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。


▲ページトップへ戻る