長柄町防災訓練に参加!

社会福祉法人長柄町社会福祉協議会および日本赤十字社千葉県支部長柄町分区奉仕団(以下「長柄町分区日赤奉仕団」)は11月28日(土)に開催された長柄町防災訓練に参加しました。

訓練は消火訓練、脱出訓練のほか、トラックなどの荷台に効率よく物資を積むためのロープの結び方、障害物となる木材などを切断するためのチェンソーの使用方法などの訓練が行われました。

社会福祉協議会、長柄町分区日赤奉仕団は「炊き出し訓練」を担当、災害時用のアルファ米(白米)および豚汁(200食分)の準備を行いました。豚汁は千葉県共同募金会配置の防災用釜を使用して調理しました。調理したアルファ米(※お湯を注いでふたを閉めるとおよそ20分で食べられます。水でもOKですが60分かかります)、今回は白米でしたのでふりかけが用意されアルファ米の容器ごと配布しました。豚汁は容器に入れ訓練参加者に配布されました。

今後とも社会福祉協議会および長柄町分区日赤奉仕団は災害時への対応を迅速に行えるよう研鑽を重ねてまいる所存です。


▲ページトップへ戻る