毎月1回、古着市を開催しています(ありの実館)

社会福祉協議会が運営する障がい福祉サービス事業所「市立ありの実館」では、毎月1度、古着市を開催しています。今回は、12月10日(火)に開催された際の様子をお伝えします。

この日も時間前から、開店を待ちわびた多くのお客様が集まり、会場はすぐにいっぱいになりました。衣類はTシャツからコートまでどれでも1着50円と、かなりリーズナブルなため、まとめ買いをしてくださるかたも多く、売れ行きは好調。じっくり検討したい方のために試着室も用意しています。

衣類の外に、バッグやマフラーなどの小物も扱っているので、お財布にやさしいコーディネートができますよ(一部雑貨には値段の異なるものがあります)。

次回は1月14日(火)の開催です。みなさまぜひ、お立ち寄りください。

※販売用の古着の回収も行っておりますので、ご自宅に眠っている服、サイズの合わなくなった服などがありましたら、市立ありの実館または社会福祉協議会事務局(白岡市千駄野445はぴすしらおか)までお持ちください。

※量が多い場合は事前にご連絡ください。
※状態によっては引き取れない場合もあります。

【市立ありの実館 古着市】
開催日:毎月第2火曜日(原則)
時間:午後1時~2時
場所:白岡市白岡805-2
お問い合わせ:0480-92-4968(市立ありの実館)


▲ページトップへ戻る