マスク等の着用が困難な状態にある発達障害等のある方等への理解について

新型コロナウィルス予防接種の感染拡大防止策の一つとして、マスクの着用が推奨されています。
しかし、感覚過敏、皮膚の病気、呼吸器の病気、発達障害等様々な原因でマスクを着けると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、身体に異変が生じてしまう方々がおります。また、聴覚に障害がある方は、表情や口元の動きでコミュニケーションを取る場合に、止むを得ずマスクを着用していないことがあります。

そういった方々への理解を広げていただくため、厚労省のホームぺージにも記載がありますので、こちらにリンクを貼らせていただきます。

【マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について】

リンク:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14297.html

▲ページトップへ戻る