生活福祉資金特例貸付の申請期間延長について

今般の新型コロナ感染症の影響により、収入減少があった世帯の資金需要に対応するため、生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金および総合支援資金(生活支援費)について、特例措置が設けられています。

特例貸付の受付は、令和2年3月25日(水)から令和3年11月30日(火)までです。なお、相談窓口および借入申込先は、お住まいの市町村社会福祉協議会となります。

 ※申請については予約制となっております。
  お手数ですが事前にご連絡ください。
 ※お問い合わせは、下記連絡先までお願いします。

(受付期間)
令和3年11月末日まで

(貸付資金種別)
〇緊急小口資金 20万円以内
※ひと月分の生活費として申込

〇総合支援資金
 単身世帯の場合  15万円以内
 複数人世帯の場合 20万円以内
※3か月分の生活費として申込が可能です
単身世帯の場合  15万円×3月以内(上限)45万円
複数人世帯の場合 20万円×3月以内(上限)60万円

(申込必要書類)
1.借入申込書
2.借用書
3.重要事項説明書
4.収入の減少状況に関する申立書
  ※給与明細書等ある方は添付。
5.住民票•世帯の全員が記載されている住民票を取得。
  (注)宮崎県では、本籍地を表示。
6.通帳、またはキャッシュカード(コピー)
7.本人確認書類の(コピー)
  ・運転免許証(住所変更している場合は両面コピー)
  ・パスポート等
※上記1~4は、厚生労働省ホームページから、PDFをダウンロード可能

なお、引き続き本貸付事業については、世帯による申込となりますのでご注意ください。

生活福祉資金の特例貸付の詳細については、リンク先(厚生労働省ホームページ)よりご確認ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

リンク:https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/index.html

▲ページトップへ戻る