「地域歳末たすけあい運動」がはじまります!!

1.主 旨
 「地域歳末たすけあい運動」は、共同募金運動の一環として地域住民やボランティア・NPO 団体、民生委員 ・ 児童委員、社会福祉 法人 、社会福祉協議会等の関係機関・団体の協力のもと、新たな年を迎える時期に、高齢者、障害者、子ども、 若者、 福祉サービスを必要とする人 など誰もが地域社会の一員として 参加できるさまざまな福祉活動を展開し、地域において孤立することなく自分らしく、安心して暮らすことができる福祉のまちづくりへの幅広い理 解と参加を図るものである。
 特に本年度は 、 コロナ禍だからこそ地域のつながりづくりの重要性を広く住民に発信するとともに、支え合いを絶やさないような実践を 重ねていく ことが 肝要 である。また、コロナ禍による減収や失業等による生活困窮者や社会的孤立の課題、そして新たに顕在化している地域生活課題への対応 を重点とした運動の展開も求められる。 なお、こうしたコロナ禍の状況を踏まえた共同募金運動の推進と役割発揮については、 全国社会福祉協議会と中央共同募金会で協議を行い、今年度、全社協が 発出した 「 令和 2 年度赤い羽根共同募金運動の 実施について~コロナ禍における共同募金の役割発揮に向けて~(令和 2 年 9 月 3 日付全社地発第 1 88 号) 」 にて周知ならびにそ の 組織的・計画
的な 推進を図ることと してい る。

2.スローガン
「つながり ささえあう みんなの地域づくり」

3.期 間
令和2年12月1日~12月31日 1か月間

4.推進主体
 各市町村において、社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会、共同募金委員会を中心に、地域の実情に応じて必要な組織を加え、本運動を推進する。

資料 :令和2年度 地域歳末たすけあい募金運動実施要領.pdf

リンク:https://www.akaihane.or.jp/saimatsu/

▲ページトップへ戻る