大分県内社協災害時相互応援協定書について

被災社協では、災害で混乱するなか緊急対応に追われ、ボランティア等の受入れや地域住民への計画的な支援活動を行う体制が十分行えない状況が生じています。このため、県内さらには全国の社協関係者による広域的な緊急支援が必要となります。これまでも被災地社協に対し、適宜、支援スタッフ派遣等による応援を行ってきましたが、迅速かつ円滑に応援を実施するための体制づくりが課題となっています。
 この課題を解決するために、県内の各市町村社協が県社協を中心として社協のネットワークを活かし災害発生時の迅速な初動対応や支援体制の確立を図ることを目指して、本協定を締結しました。


資料 :協定書(HP用).pdf

▲ページトップへ戻る