権利擁護

江差町成年後見支援センター

センター事業の詳細は下記URLにアクセスしてください

リンク:https://www.shakyo.or.jp/hp/article/index.php?s=48&m=2118

▲ページトップへ戻る

法人後見受任事業

○本会が社会福祉法人として成年後見人等となる(受任する)ことにより、認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者の多様化するニーズに対し、人的・物的な態勢を組織的に活用して適切な権利擁護を図ってまいります。

○成年後見センターの市民後見人登録者の中から、法人後見受任した被後見人等の後見等事務を担う後見支援員を委嘱し、本会職員がその活動に対する専門的な指導や助言、バックアップを行います。

▲ページトップへ戻る

日常生活自立支援事業

~日常生活自立支援事業とは~
 認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者などで判断能力が不十分な方を対象に利用者様との契約に基づき、福祉サービスの利用に関する援助等を行うことにより、地域において利用者様が安心して自立した生活が送れるように支援することを目的とした事業です。

〔実施主体〕
○北海道社会福祉協議会
※平成29年4月より、本会が一部業務委託を受けて江差町にお住まいの利用者様の相談援助を行っております。

〔援助内容〕
○福祉サービスの利用援助
 ・福祉サービスを利用する、または利用をやめるために必要な手続き
 ・福祉サービスの利用料を支払う手続き
 ・福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き
○日常的金銭管理サービス
 ・年金や生活保護費などの受領に必要な手続き
 ・税金や社会保険料、医療費や公共料金を支払う手続き
 ・日常的な生活費の預貯金口座からの払い戻しや預け入れなどの手続き
○書類等の預かりサービス
 ・金融機関の貸金庫を利用し、大切な書類等(預貯金通帳、年金証書、権利証など)を保管

〔利用手続の流れ〕
○利用を希望される方は、本会に対して利用申込(相談)を行っていただきます。
○本会の担当職員が伺い、利用希望者様の生活状況や希望する援助内容を確認するとともに、本事業の契約内容について理解し得る能力の判定を行います。

〔利用料〕
○1回(1時間程度)1,200円
○生活支援員の交通費実費(自家用車使用の場合一律300円)
○金融機関貸金庫の利用料実費
※生活保護を受けている方は公費で補助されるため、書類等の預かりサービス以外の利用料は無料となります。

〔相談窓口〕
社会福祉法人江差町社会福祉協議会
(檜山郡江差町字新栄町264-2江差町老人福祉センター内)
電話0139-52-2441・52-0560(FAX兼用)

▲ページトップへ戻る

江差町社会福祉協議会の権利擁護事業パンフレット

権利擁護事業のパンフレットです。
詳しくはパンフレットにある相談窓口に問合せ下さい。

資料 :江差町社協権利擁護 パンフ(A4縦).pdf

▲ページトップへ戻る