日本赤十字北広島市地区

日本赤十字とは

〇赤十字とは?
 赤十字は「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの普遍的な原則のもとに、世界最大のネットワークを駆使し、行動する人道機関です。
 これからも、国境、宗教、人種を超えて、人の命の尊厳を守るため、様々な人道的活動を推進します。
〇何のために?
 赤十字は、戦火の中で、災害の地で、“人間が人間らしく生きる”ために、“平和で健康的な暮らしを維持する”ために、あらゆる努力を尽くします。
 そして、いつの時代も、世界に人々の苦痛がある限り、人道の名のもとに行動し、人類の平和と人々の心に、希望の光をともす存在でありつづけます。

▲ページトップへ戻る

日赤北広島市地区

 日赤北広島市地区の事務局は平成17年度に、北広島市役所から北広島市社会福祉協議会に移されました。
 これまでと同様に「赤十字思想」を理解していただくことを目的に各種事業を展開するほか、災害救護のための基盤づくり、さらには赤十字ボランティアの活動を支援し、地域における赤十字活動の活性化を図ります。

▲ページトップへ戻る

社員制度

 日赤の社員は、赤十字の趣旨を理解し、支持する人であればだれでも加入できます。ただし、社員になると、毎年一定額(年額500円)以上の社費を納めることとなります。

▲ページトップへ戻る

赤十字奉仕団

 赤十字の基本理念に基づき、赤十字活動をおこなうボランティア団体です。
北広島市地区には、地域奉仕団である「北広島市赤十字奉仕団」と特殊奉仕団である「北広島市無線赤十字奉仕団」があります。
 なお、北広島市赤十字奉仕団には、「東部分団」、「大曲分団」、「西の里分団」があります。

▲ページトップへ戻る

青少年赤十字 

 幼児、小・中・高等学校の児童生徒が赤十字の精神に基づいて、世界平和と人類の福祉に貢献できるよう、望ましい人格と精神を形成することを目的に活動しているものです。
 北広島市地区には「札幌日本大学高等学校JRC(青少年赤十字)」「札幌自由の森幼稚園」「大曲いちい保育園」があります。
                      ※JRCとは Junior Red Cross の略称です。

▲ページトップへ戻る

災害救護資材整備事業

 災害救護活動の基盤整備を図るため、地区独自の事業として、町内会・自治会などが災害救護資材の整備をする際、これに係わる費用の全部または一部を助成します。(ただし、消耗品などの消費期限があるものを整備する場合、更新は行いません。)
助成額
 災害救護活動を目的とした資材の整備に係る費用を市地区の予算の範囲内で助成します。 また、助成回数は原則として1団体あたり1回とし、さらに過去に助成していない団体を優先して助成します。
 

▲ページトップへ戻る

地域福祉活動事業

 地域福祉の充実を図るため、地区独自の事業として、赤十字及び福祉関係の書籍やビデオ、福祉機器などについて、市民への貸し出しを実施しています。
 また、火災のため非難した世帯に毛布50枚と日用品セット20セットを配布できるよう北広島市防災センターに配備しています。

〇貸し出しする備品等の内容
・福祉機器等
 行事用テント1張
 車いす2台

▲ページトップへ戻る

赤十字講習会事業

 生命と健康を守るための知識や技術の普及を目的として、日本赤十字社救急法等講習規則に定められている講習会には下記のものがあります。
・赤十字救急法~日常生活における事故防止、応
 急手当て
・赤十字水上安全法~水上における事故防止、応
 急手当て
・赤十字雪上安全法~雪上における事故防止、応
 急手当て
・赤十字健康生活支援法~自分自身の健康増進と
 介護予防
・赤十字幼児安全法~子どもの病気への対応、事
 故の予防、応急手当て

 市地区が主催するもののほか、町内会・自治会や奉仕団などの関係団体などが主催する各種講習開催への支援を行います。

▲ページトップへ戻る

赤十字奉仕団支援事業

 赤十字ボランティアとして赤十字思想の普及、赤十字の基本理念に基づく地域福祉活動、災害救護活動など実践している奉仕団等の支援を実施しています。

〇支援の対象となる奉仕団等
・地域奉仕団 北広島市赤十字奉仕団
・特殊奉仕団 北広島市無線赤十字奉仕団
・青少年赤十字 札幌日大高校JRC、札幌自由
 の森幼稚園、大曲いちい保育園

▲ページトップへ戻る

赤十字思想普及事業

 地域における赤十字の広報活動を実施する関係団体等を支援し、赤十字思想普及の推進を図ります。
〇対象となる活動
・赤十字社員の増強につながる広報活動
・赤十字の災害救護活動・防災思想の普及につ
 ながる広報活動 
・日赤北広島市地区の各種事業の推進につなが
 る広報活動支援の内容

 赤十字のPR用チラシや非常食などの広報活動に必要な資材を市地区の予算の範囲内で、広報活動の規模に応じ現物で提供します。

▲ページトップへ戻る

赤十字社員増強事業

 赤十字活動を計画的・継続的に実施していくためには、毎年、安定した資金の確保が必要です。
 日本赤十字社の活動資金は、皆様からの善意の寄付で成り立っており、自治会や町内会役員の方々をはじめ、赤十字奉仕団等のご協力を得て募集活動を進めています。
 是非、日本赤十字社の活動にご理解いただき、ご支援とご協力をいただきますよう、よろしくお願いします。

〇赤十字社資収納実績
社資収納額
平成28年度 2,553,403円
平成27年度 2,564,008円

詳しいことは、日赤北広島市地区(社会福祉協議会内・372-1698)までお問合せください。

▲ページトップへ戻る