成年後見センター

こんな心配や不安、抱えていませんか?

●物忘れが多くなり今後の生活が心配
●認知症を抱えた家族の入院費を払おうとしたらお金がおろせなかった
●最近よく聞く口座凍結って何?私にも関係あ
る?
●認知症の家族が消費者被害にあっても困らない
ようにするためには?

北広島市成年後見センターでは、このようなご相談を一緒に考え、必要に応じ「成年後見制度」を利用しながら、地域で安心した生活を継続できるようお手伝いします。
ご相談は無料です。

▲ページトップへ戻る

申立てについて

申立てから成年後見人等による支援が開始されるまでの手順について簡単にご説明します。
〇申立ての流れ
 成年後見制度利用のためには、まず家庭裁判所へ「申立て」を行います。
 申立てを行えるのは、本人・配偶者・4親等内の親族、成年後見人等、任意後見人、成年後見監督人等、市区町村長、検察官です。
〇4親等内の親族とは…
〇申立て準備
・必要書類の準備
・申立て書の作成、提出
〇申立て審理
・申立て書類の審査
・申立人等の面接
・調査、親族照会
〇審判
・後見人等を家庭裁判所が選任
〇後見開始
申立てには、住民票や戸籍謄本、主治医等による診断書などが必要となります。
 ご本人の判断能力に対して、診断書以外に医学的な診断が必要になった場合、「鑑定」が行われることがあります。鑑定料は別途必要です。

▲ページトップへ戻る

日常生活自立支援事業

認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が十分でない方の権利擁護を目的とし、自立した在宅での地域生活を支援するために社会福祉協議会がお手伝いするサービスです。
ご本人に限らず、ご家族やご親戚からのご相談もお受けしています。
相談は無料です。
〇サービスを受けるためには
・具体的に何に困っているか、どういったサービ
 スが必要なのか専門員がお話しを伺います。
・サービス利用契約をご本人と結び、サービスの
 計画書を作ります。
・サービス計画書に基づき、登録されている地域
 の生活支援員がご本人のもとに伺いサービスを
 提供します。
〇サービス利用料
・1回(1時間)の利用で1,200円+生活支援員の
 交通費実費
※生活保護を受けている方の利用料は無料です。
※契約内容の理解が困難な方には、成年後見制度の利用を検討する場合もあります。

〇お問い合わせ
北広島市成年後見センター
北広島市社会福祉協議会内
北広島市北進町1丁目5-2
北広島市福祉センター内
午前8時45分~午後5時15分
(土日祝、年末年始を除く)

▲ページトップへ戻る