このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

資生堂社会福祉事業財団「資生堂児童福祉奨学金」募集情報




趣旨 児童養護施設または里親宅で暮らしている児童が、将来の児童福祉分野での活躍を目指して高校卒業後に進学する費用を助成し、児童の社会的自立を支援する制度です。
助成対象者・助成内容
  1. 助成対象者
    助成対象者は下記の①~③の条件を満たす方とします。
    1. ① 入学試験当日に全国の児童養護施設に在籍している方、あるいは養子縁組を行っていない里子であり、2021年3月に高校を卒業し、大学、短期大学、専門学校のいずれかに進学を希望する方
    2. ② 卒業後児童福祉分野で活動を行うため、次の各資格を取得できる学部等を有する大学、短期大学、専門学校においてその資格を取得することを目的に入学する方
      • 社会福祉士受験資格を取得できる学部
      • 厚生労働大臣の認可を受けた保育士資格を取得できる学部・養成校
      • 児童指導員資格を取得できる学部
    3. ③ 現在対象児童を養育している施設または養育家庭で、進学後も児童とコミュニケーションを図り、アフターケアを行うことが出来る相談者(施設長もしくは里親)がいる方

    ※「高等教育の修学支援新制度」により日本学生支援機構が行う給付型奨学金入学一時金を支給する奨学金制度を除き、返済不要の奨学金を他の団体から受ける方は対象外です。

  2. 募集人数
    5名程度
助成金額 修学に関わる費用の一部として年間50万円を上限に返済不要で支給します。
  • ※ 入学金、授業料、学校設備費、教育充実費、実習費、教科書代等、学校等に支払う費用
  • ※ 但し、「高等教育の修学支援制度」により入学金や授業料が減免される場合は、不足金額やその他の費用を支給します。当財団が奨学金請求に必要な書類を受理・確認後、1カ月以内に指定された施設または里親の口座に振込みます。なお支給条件として下記書類の提出が必要です。
    1. ① 入学時:当財団指定の請求書、進学先合格通知書、入学金・授業料・その他の支払実績を証明する書類(金融機関が発行する証明書の原本、または振込実績が記載された通帳の写し)
    2. ② 進級時:当財団指定の請求書、授業料・その他の支払実績を証明する書類(金融機関が発行する証明書の原本、または振込実績が記載された通帳の写し)、成績証明書、収支報告書、活動報告書
      ※活動報告書は年2回(前期終了後及び年度終了後)提出が必要です。
助成期間 進学した各学校の1年次から卒業年次までの最短の2~4年間とし、退学・休学・留年の際は助成を打ち切ります。但し、病気や事故等やむを得ない場合は事情を考慮することがあります。
申込期限・方法 2020年9月30日(水曜日)(当日消印有効)
期間内に書面にてご郵送ください。応募詳細に関しましては必ず募集要項をご確認ください。
申請書類の入手や応募の詳細は下記ホームページよりダウンロードできます。
選考方法
  1. 選考方法
    資生堂児童福祉奨学生選考委員会による第1次書類審査及び書類審査後の第2次面接審査を経て最終決定します。
    • ※ 第1次書類審査結果は2020年11月13日(金曜日)迄に施設長または里親宛に郵送でご通知し、児童本人に伝達いただきます。
    • ※ 第2次面接審査に進む方の面接審査日は別途ご案内します。(2020年12月上旬に実施予定) 面接に関わる費用(児童本人の交通費等)は財団が負担します。
      なお、選考経過や個別の採否の事由については一切お答えできません。
  2. 最終決定通知
    2020年12月中に施設長または里親宛に郵送で通知
応募先
(問合せ先)
〒104-0061東京都中央区銀座7-5-5 資生堂社会福祉事業財団
資生堂児童福祉奨学金事務局 藤村眞優美
電話 070-3864-1034(直通)
メールアドレス mayumi.fujimura@shiseido.com

本文ここまで

以下フッターです。
社会福祉法人全国社会福祉協議会
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3丁目3番地2号 新霞が関ビル電話:03-3581-7820(代表)
Copyright(C)2016 Japan National Council of Social Welfare. All Rights Reserved.
フッターここまで
ページの先頭へ