このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

資生堂社会福祉事業財団「資生堂児童福祉奨学金」募集情報




趣旨 児童養護施設または里親のもとで暮らしている子どもたちが、将来、社会福祉士や保育士など、児童福祉分野での活躍を希望して大学・短期大学・専門学校に進学する費用を支援します。
助成対象者・助成内容
  1. 助成対象者
    助成対象者は下記の①~③の条件を満たす者とする。
    1. ① 入学試験当日に全国の児童養護施設に在籍している者、あるいは養子縁組を行っていない里子であり、2020年春に高校を卒業し、大学、短期大学、専門学校のいずれかに進学する者
    2. ② 卒業後児童福祉分野での活動を行うため、次の各資格を取得できる学部等を有する大学、短期大学、専門学校においてその資格を取得することを目的に入学する者
      • 社会福祉士受験資格を取得できる学部
      • 厚生労働大臣の認可を受けた保育士資格を取得できる学部・養成校
      • 児童指導員資格を取得できる学部
    3. ③ 現在対象児童を養育している施設または里親が進学後も児童とコミュニケーションを図り、アフターケアを行うことができること(奨学金は施設または里親の口座に振り込むものとする)
      ※他奨学金との併用を可とする。
  2. 募集人数
    5名程度
助成金額 修学に関わる費用(※注1)の一部支援金として年間50万円(上限)を支給する(返済不要)。
  • ※注1:学費等=授業料、入学金、施設費、教育充実費、実習費、教科書代等、学校等に支払う費用
    なお支給条件として下記書類の提出が必要となる。
    1. ① 入学時:資生堂財団指定請求書、進学先合格通知書、学費等の支払証拠書類等
    2. ② 進級時:資生堂財団指定請求書、学費等の支払証拠書類、成績証明書、収支報告書、年間活動報告書等
  • ※ 活動報告書は、年2回(前期終了後および年度終了後)提出するものとする。
助成期間 進学した各学校の1年次から卒業年次までの2~4年間とし、退学・休学・留年の際は助成を打ち切る。ただし、病気や事故等やむを得ない場合は事情を考慮することがある。
申込期限・方法 2019年10月4日(金曜日)(当日消印有効)
期間内に書面にてご郵送ください。応募詳細に関しましては必ず募集要項をご確認ください。
申請書類の入手や応募の詳細は下記ホームページよりダウンロードできます.
審査について 資生堂児童福祉奨学金選考委員会による第1次書類審査及び書類審査後の第2次面接審査を経て最終決定する。
  • ※ 第1次書類審査結果は11月15日(金)迄に施設長または里親宛に郵送でご通知し、ご本人に伝達いただく
  • ※ 面接審査日は別途案内するが、12月上旬に資生堂財団にて実施予定
    なお、面接に関わる費用(児童本人交通費等)は資生堂財団が負担する
応募先
(問合せ先)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-5-5 資生堂社会福祉事業財団 奨学金係
財団代表電話 03-3574-7408 FAX 03-3289-0314

本文ここまで

以下フッターです。
社会福祉法人全国社会福祉協議会
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3丁目3番地2号 新霞が関ビル電話:03-3581-7820(代表)
Copyright(C)2016 Japan National Council of Social Welfare. All Rights Reserved.
フッターここまで
ページの先頭へ