1. HOME >
  2. 福祉のひとに聞く >
  3. ケアマネジャー 柏木 茂幸
福祉のひとに聞く
  • インタビュー
  • 【働くひとに聞く】
  • 介護福祉士(高齢者施設) 芝 里美
  • 介護福祉士(障害者施設) 誠光荘 石田 健司
  • 保育士 丸茂 加奈子
  • ケアマネジャー 柏木 茂幸
  • ホームヘルパー 清水 晶代
  • コミュニティワーカー(市区町村社会福祉協議会) 浜野 智之
  • 相談援助職(市区町村社会福祉協議会) 比留間敏郎
  • 【学ぶひとに聞く】
  • 茨木聡史
  • 清水志穂
  • 【プロフェッショナルに聞く】
  • 社会福祉法人東翔会 グループホーム
  • 映像を見る
  • ダウンロード

福祉のひとに聞く【働くひとに聞く】

ケアマネジャー 人に役に立っていることを、日々実感できる仕事

コンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player最新版のインストールが必要です。
また、ブラウザのJavaScript設定を有効にする必要があります。 Get Adobe Flash Player

小さいサイズの写真をクリックすると、左側に拡大されたものが表示されます。

仕事を詳しく知る

PROFILE

柏木 茂幸 介護支援専門員(ケアマネジャー)

私の仕事

ご利用者の相談に応じ、ケアマネジメントを行う

以前は居宅介護支援事業所に勤務し、ケアマネジャーと管理者を兼務していました。6年ほど前に独立して法人を設立。現在は、ハロー・ケアマネジメントステーションを経営しています。業務は、ケアマネジメント業務、居宅介護支援事業所管理者業務、経営業務の3つ。ご利用者の皆さんの相談に応じ、援助を検討し、年齢を重ねても新たな可能性を探し出せるよう、伴走者としてケアマネジメントを行うのが日々の仕事です。
区役所などからご利用者の紹介・相談を受けた場合は、すぐにご利用者のお宅を訪問して相談援助を行い、課題を整理します。その課題に対して提案を行い、ケアプランを立てて行くのが、基本的な流れです。サービスがスタートした後も、月に1度はご利用者宅を訪問。新たな課題や要望、時には苦情を伺い、必要に応じてケアプランの見直しなどを行います。 スタート当初は、介護支援専門員1人の事業所でした。現在はケアマネジャー6人、事務員1人、計7人で仕事をしています。私は管理者とケアマネジャーを兼務しており、依然として小さな事業所ではあります。しかし、地域のネットワークも徐々に広がり、少しずつではありますが、納得のいく支援ができるようになってきたと思っています。

忘れられないエピソード

ネットワークを活用し、精一杯の支援をマネジメント

福祉の現場では人の生死に直面することも多く、決して楽な仕事ではありません。けれど「人の役に立っている」ということが日々実感できる仕事であることは間違いありません。一人の経験値には限界がありますが、勉強会に参加するなどして積極的に学ぶことは可能です。大切なのは、自分の視野を広げ、地域のネットワークを築いて行くことだと思います。
先日、がん末期のご利用者と出会いました。相談を受けた時点で、がんはかなり進行していたのですが、現在の医療制度では、手術でもしない限り、病院に長期間入院していることはできません。つまり、自宅へ退院するしかないのですが、本人はもちろん、奥さまも在宅で受け入れることに大きな不安を感じていらっしゃいました。私は地域のネットワークをフルに活用し、 24時間対応できる訪問看護師やヘルパーなどを調整し、自宅へ迎え入れる準備を整えました。
ご利用者が退院される日には、スタッフ全員で挨拶に伺いました。ご利用者は、ご自身の余命が短いことはご存知で、人と会う機会も少なくなっていただけに、「これだけたくさんのスタッフが自分を支えてくれるんだ」ということに、不安な中にも喜びを見いだしてくださったようです。間もなく、また病院へ戻ることになったときも、スタッフの支援もあってスムーズに入院することができました。「これが最後になるかもしれない」と感じて私が会いに行ったところ、ご利用者は、医療機器に囲まれたベッドの上で笑顔を見せてくださったんです。
「お会いできて良かったです。痛みが強い中、本当にがんばりましたよね」と声をかけると「ありがとう」と答えてくださいました。「家に帰るときは、また声をかけてくださいね。できるだけお手伝いしますから」とお話しして、笑顔でお別れしました。
その方とはわずか3カ月のお付き合いでしたが、目まぐるしく状況が変化する中で、精一杯支援できたのではないか、と思っています。それは、私一人の力でできることではありません。法人設立から数年かけて築いてきた、地域のネットワークがあってこそ、可能になった支援だったと思います。

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 Japan National Council of Social Welfare National Center for Social Service Human Resources.All rights reserved.