1. HOME >
  2. 福祉のひとに聞く >
  3. 介護福祉士(障害者施設) 石田 健司
福祉のひとに聞く
  • インタビュー
  • 【働くひとに聞く】
  • 介護福祉士(高齢者施設) 芝 里美
  • 介護福祉士(障害者施設) 誠光荘 石田 健司
  • 保育士 丸茂 加奈子
  • ケアマネジャー 柏木 茂幸
  • ホームヘルパー 清水 晶代
  • コミュニティワーカー(市区町村社会福祉協議会) 浜野 智之
  • 相談援助職(市区町村社会福祉協議会) 比留間敏郎
  • 【学ぶひとに聞く】
  • 茨木聡史
  • 清水志穂
  • 【プロフェッショナルに聞く】
  • 社会福祉法人東翔会 グループホーム
  • 映像を見る
  • ダウンロード

福祉のひとに聞く【働くひとに聞く】

介護福祉士(障害者施設) やる気次第で環境が変えられる

コンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player最新版のインストールが必要です。
また、ブラウザのJavaScript設定を有効にする必要があります。 Get Adobe Flash Player

小さいサイズの写真をクリックすると、左側に拡大されたものが表示されます。

仕事を詳しく知る

PROFILE

石田 健司 介護福祉士

私の仕事

ご利用者の生活支援を行い、コミュニケーションをはかる

介護福祉士として障害者支援施設に勤務しています。主な仕事は、食事の介助や入浴、クラブ・サークル活動の支援、トイレ誘導・オムツ交換など、ご利用者の皆さんの生活を支援することです。
研修やボランティアで"お手伝い"していた時は、ご利用者の皆さんの笑顔が見られるだけで嬉しくて、仕事は楽しいものだと思っていました。ところが、実際に職員として働きはじめると、ケアプランの作成や会議などやるべき業務は多岐にわたるため、ご利用者とコミュニケーションをとる時間が限られてしまいます。どれも必要な仕事なのはわかっていても、気づくと自分は時間に追われるばかり。ご利用者を気遣うが故に何でも「ハイ」と言ってしまい、かえってトラブルになってしまったときなどは、「この仕事は自分には向いていないのかな」と思ったこともありました。
そんな思いを乗り越えられたのは、気軽に相談に乗ってくれる上司や先輩たちのおかげです。経験を積むに従って、ご利用者とコミュニケーションをとる時間も作れるようになり、仕事は一層楽しくなりました。
現在は、リーダーとして業務の流れを把握し、主任が不在の時には指示を出す立場になりました。仕事を任されることに対する責任感とともに、大きなやりがいを感じています。

忘れられないエピソード

努力したことがストレートに評価された旅行企画

入職3〜4年目のことです。ご利用者の旅行を企画する仕事を任されました。全員が満足できる旅行を自分ひとりで仕切れるだろうか。もちろん、先輩や同僚が手伝ってくれるのですが、そうした責任を伴う仕事は初めてだったし、もともとプレッシャーに弱いタイプなので(笑)、頭の中は不安でいっぱいでした。
前回までの報告書に目を通し、旅行会社に連絡をとる。旅行先の候補地を挙げ、ご利用者の皆さんの意見を伺い、候補地を絞り込む。最後は実際に候補地へ足を運び、施設内の段差やトイレなどのバリアフリー環境をチェックした上で、遠距離・中距離・近距離と、数カ所の旅行先を決定しました。
「一緒に行きませんか」と誘ったご家族は来てくださるのか、当日雨が降ったらどうしよう・・・。考え出すとキリがないと思いつつ、不安は尽きることがありません。そして迎えた旅行当日。多少のバス酔いなどはあったものの、同僚たちの協力もあって大きなトラブルもなく、旅行は大成功。ご利用者は、どの場所でもいつも以上の笑顔を見せてくださいました。後日、参加されたご利用者の皆さんから「楽しかったよ」「また行きたい」「石田君が係をやってくれたおかげだね。来年もやってよ」という言葉をいただいた時は、「やって良かった!」という達成感と充実感でいっぱいでした。
この経験はとても大きかった。今まで自分は、どちらかと言えば、やらされる立場でした。ところが、人をリードし、責任をもって仕事を仕切ることの大変さと意義を知ることができました。すると、この仕事が今まで以上に好きになったのです。ご利用者、施設、スタッフ全体を見渡し、必要なことの優先順位をつけ、仕事に立ち向かう。以来、そのような行動を自然とできるようになりました。元々ご利用者に喜んでもらうことだけが嬉しくてはじめた仕事ですが、そうした気持ちと仕事の折り合いをつけていくことが、この仕事の本質的な魅力なのです。

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 Japan National Council of Social Welfare National Center for Social Service Human Resources.All rights reserved.