全国社会福祉協議会のホームページです

HOME >> 社会福祉の制度 >> 地域福祉について

社会福祉の制度

このページでは、社会福祉の各分野のあらましをご紹介します。

地域福祉について

地域福祉とは、それぞれの地域において人びとが安心して暮らせるよう、地域住民や公私の社会福祉関係者がお互いに協力して地域社会の福祉課題の解決に取り組む考え方です。

「社会福祉法」は、地域住民、社会福祉関係者等が相互に協力して地域福祉の推進に努めるよう定めています。福祉サービスを必要とする人たちが地域社会を構成する一員として日常生活を営み、そして社会、経済、文化に限らずあらゆる分野の活動に参加する機会を得ることができるよう、地域福祉を推進することの重要性が法に明記されたことは、これからの社会福祉の方向性をあらためて示したものと言えるでしょう。

これまで全国各地の社会福祉協議会では、何らかの支援を必要とする人たちへの見守り、声かけ、手助け等の助け合いや、地域社会の共通問題の解決に向けた活動をはじめ、ホームヘルプサービスや配食サービス、移送サービス等の在宅福祉サービス、ボランティア活動等、それぞれの地域に根ざした地域福祉の実践を進めてきました。そして、最近では高齢者とボランティアがともに企画・運営し、楽しい時間を過ごす活動である「ふれあい・いきいきサロン」に端を発するいわゆる「サロン活動」も、子育てサロンや障害者サロンの展開へと広がりを見せるとともに、住民参加による生活支援といったサービス形態が定着化する等、地域福祉実践の新しい動きが進みつつあります。

地域福祉は、ホームヘルプサービスや「福祉サービス利用援助事業」(日常生活自立支援事業)といった法に基づく制度化された福祉サービスや事業のみによって実現するものではなく、地域住民やボランティア、行政・関係諸機関、社会福祉関係者が協働して実践することによって支えられています。

近年、社会・経済状況の大きな変化にともなって、これまでは福祉の対象とはなりづらかったホームレスといった社会的援護を要する人たちへの支援、また、ひきこもりや虐待といった新たな社会的課題への対応が早急に求められるようになってきました。そのためにも、地域社会での支えあい活動の取り組みの推進が大切です。

これからも、地域の社会福祉法人・福祉施設や社会福祉協議会、民生委員・児童委員をはじめとした社会福祉関係者がともに協働、連携し、これら地域福祉の推進役としての役割を果たしていきたいと考えています。

↑上へ戻る


地域福祉について| 高齢者福祉について| 障害児・者福祉について| 児童福祉について| 民生委員・児童委員について| 生活福祉資金について

↑上へ戻る

←前のページへ戻る

<<HOME(トップページに戻る)