全国社会福祉協議会のホームページです

サイトマップ >>
HOME >> 福祉の資格 >> 理学療法士

福祉の資格

理学療法士

理学療法士とは

理学療法士は、「理学療法士及び作業療法士法」にもとづく国家資格です。理学療法士はPT(Physical Therapist)と呼ばれることもあります。
理学療法とは、同法第2条1項において『身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱その他の物理的手段を加えること。』とされており、理学療法士は、同法第2条3項において『厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、理学療法を行なうことを業とする者』と位置づけられています。

理学療法士の仕事

理学療法士として働く現場には、病院やリハビリテーション施設、社会福祉施設等があります。
理学療法士は、医師の指示のもと、身体に障害のある方がたに運動療法や物理療法を行なうことによって、日常生活を送るうえでの基本的動作の改善を図る治療科学を行っています。
近年では、治療後に何らかの障害が残ったときの基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、福祉用具の選定や住宅改修や環境調整、生活習慣病等の予防も理学療法の対象とされるなど、活躍の場を広げています。

理学療法士の資格取得方法

下記@かAのいずれかの要件を満たし、理学療法士国家試験に合格し、理学療法士として登録することにより、理学療法士と名乗ることができます。

@  理学療法士養成校(4年制大学、3年制短期大学、専門学校)卒業者

A  外国の理学療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で理学療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が認めたもの

平成19年3月現在の理学療法士登録者数は、58,647人となっています。
理学療法士国家試験は年1回実施されており、試験地を管轄する地方厚生局又は地方厚生支局が試験の手続き及び実施を行っています。試験地毎の地方厚生局又は地方厚生支局については、下記リンクにある資格・試験案内をご参照ください。

↑上へ戻る


関係リンク

資格・試験案内 厚生労働省 〔受験資格、試験科目、実施時期〕
 

 

専門職団体 日本理学療法士協会  
   

↑上へ戻る

←前のページへ戻る

<<HOME(トップページに戻る)