全国社会福祉協議会のホームページです

HOME >> 福祉の資格

福祉の資格

福祉の仕事は、きわめて広範にわたります。在宅サービスや福祉施設のように利用者の生活を直接的に支援するサービスの提供から、社会福祉協議会や福祉関係行政機関などが地域の福祉の向上のために行う相談援助などさまざまです。

そのため、そこで働く人びとの職種も多様であり、保有する資格も福祉関係の資格だけではなく、医療等関連分野の資格を有する人も数多くいます。

ここでは、おもに福祉サービスの現場や福祉関係行政機関等で働く人びとに関係する資格についてご紹介します。

☆ ご覧になりたい資格の名前が表示されているボタンをクリックしてください。

福祉士

|福祉に関する相談援助の専門家
|介護の質を高める専門家
|精神保健分野の医療と福祉をつなぐ相談援助の専門家

利用者サービスに関する資格

|介護サービス計画(ケアプラン)の立案を担う専門職
|在宅介護を支える重要な介護職
|運動療法、物理療法によるリハビリテーションの専門職
|各種の作業活動によるリハビリテーションの専門職
|ことばによるコミュニケーション、摂食・嚥下に関する専門職
|保育、子育て支援の専門職

福祉事務所現業員等、福祉関係行政機関等の職員の基礎資格

*制度上は、福祉関係行政機関等で働く公務員の方を対象とする資格ですが、社会福祉法人等の民間にあっても職員採用の際の基礎的な資格として準用されることの多い資格です。


全国社会福祉協議会、種別協議会等による独自資格

全社協ならびに全社協を構成する種別協議会等では、福祉サービスの質の向上を目的に、独自の養成課程を設け、修了者に対して資格を付与しています。

福祉施設の運営・管理の責任者に必要な専門知識を習得した者を対象として、全社協会長が付与する資格
社会就労センター(授産施設)の長およびそこで勤務する中堅幹部職員等に必要な知識を有した者を対象として、全国社会就労センター協議会(セルプ協)会長が付与する資格

↑上へ戻る

<<HOME(トップページに戻る)