上手に炊けるかな?~防災講習会開催!~

長柄町ボランティア連絡協議会(会長 香川律子)及び長柄町赤十字奉仕団(委員長 吹野美才)は共催で本日、「今あるもの」で「炊き出し」を行うことをテーマに防災講習会を開催しました。

例年行われる長柄町防災訓練で社会福祉協議会及びボランティアは「炊き出し」を行っておりますが、通常は防災食(アルファ米等)を使用しています。
しかしながら実際に広域災害で甚大な被害が発生した場合は、交通手段の寸断等により末端の避難所(地域の集会所等)へ十分な物資が迅速には行き渡らなくなる恐れがあり、その場合は各地域で調達できるもので凌ぐ必要が出てきます。今回は、そういう事態を想定し長柄町が農村地域であり、自宅には「米」が備蓄されている家も多いことからカセットコンロやフライパン、鍋等で米飯を炊く訓練(※下記写真)を実施し、おにぎりやみそ汁などの「炊き出し」を行いました。

日ごろ、炊飯器などに頼っていて、中々鍋等で米飯を炊く機会がないので、参加者は手順を丹念に確認したり、炊き具合を相当気にしていましたがいい機会となったという声が上がっていました。

社会福祉法人長柄町社会福祉協議会では今後とも、災害時に一定の役割を期待されるボランティアへの研修等の機会を確保し、意識と技能の向上の取り組みを支援し、地域の「自助」及び「共助」を実践できるよう努めてまいります。


▲ページトップへ戻る