『熊本地震』 ボランティア活動をお考えの方へ

 被災地では、災害ボランティアセンターの開設または開設準備が進められています。
 しかし、現在も被害の全容把握が続います。宿泊場所や食料、生活用品等の確保が困難な状況もあります。
 被災地の道路では家屋倒壊による交通規制や亀裂、段差による速度制限のため渋滞が発生しています。
 また、ボランティア活動が開始された地域においても、雨天等の天候の変化によっては、ボランティアの安全面の確保を第一に考え、活動時間の変更や中止・中断も起こりえます。
 そのため、本格的なボランティア活動の開始にはもう少し時間が必要となります。
 こうした状況をふまえ、今後ボランティア活動をお考えの方は、以下の3つのことをお願いします。

1.現地では装備品や資機材を調達することが困難な状況です。
  下記アドレスをご参考に、お住まいの地域で必要なものを購入してください。
  【参考】
   「東京ボランティア市民活動センター「災害ボランティア活動の基本的な装備
    について」
    http://www.tvac.or.jp/news/24281.html

2.宿泊場所、移動手段を事前に確保してください。
  被災地のボランティアセンターでは、食事・宿泊場所は用意されません。

3.事前に地元または出発地にて保険加入手続きを済ませてから、出発してくださ
  い。また、現在も余震が続いていることから、ボランティア活動中に怪我や二次
  災害に巻き込まれる可能性もあるため、天災タイプの保険へのご加入をお勧めし
  ます。

〔白岡市内でのボランティア活動保険加入窓口〕
  白岡市社会福祉協議会
   (場所)白岡市保健福祉総合センター(はぴすしらおか)
       白岡市千駄野445番地
   (時間)平日8時30分から17時15分まで
       ※時間内に窓口へ来ることが困難な場合は、ご相談ください。
   (電話)0480-92-1746

資料 :平成28年度ボランティア活動保険.pdf

▲ページトップへ戻る