節分の日に「恵方巻」をお配りしました

 2月3日(日)の節分の日に、季節の行事を味わっていただこうと、仮設住宅入居者と大塔町にお住まいのひとり暮らし高齢者の方々に、大塔地区の民生児童委員の協力のもと「恵方巻(巻き寿司)」をお配りしました。
 受け取った方からは、「今年の方角は、南南東やね。健康に過ごせるようにと願って食べるわな」との声をいただくなど、喜んでくださいました。

 なお、この「恵方巻」の準備費用は、毎年10月1日から実施している赤い羽根共同募金の一部を活用しています。


▲ページトップへ戻る