事業のご案内

生活支援・相談

★心配ごと相談所の開設
 老人クラブの例会日などに民生委員等による心配ごと相談を行なっています。
 悩みごとや心配ごとをお気軽にご相談ください。

 【定期相談日】
  毎月第2水曜日  上札内交流館 10:00~12:00
  毎月第2月曜日  興農会館    13:00~15:00  
  毎月第3木曜日  保健センター 10:00~12:00
  毎週  金曜日   児童館     9:00~12:00
  その他児童館にて随時お受けいたします。
 
★生活福祉資金貸付制度
 この制度は北海道社会福祉協議会が実施主体で、中札内村社会福祉協議会が
 窓口となり、担当民生委員と協議し、貸付を行ないます。
 
 【対象者】
  1.低所得世帯
  2.障がい者世帯
  3.高齢者世帯

 【貸付金の種類】
  1.総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  2.福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  3.教育支援資金(教育支援費、就学支度費)
  4.不動産担保型生活資金


 【基本要件】
  1.世帯単位の貸付
  2.連帯保証人が必要
  3.民生委員の相談支援が前提
  4.他制度優先
  5.事後申請は貸付対象外
   発注済み、購入済、支払済みの経費は、貸付対象となりません。

  貸付にはさまざまな要件があります。詳しくはお問合せください。
  北海道社会福祉協議会のホームページでも詳細をご覧いただけます。



★応急生活資金貸付制度
 中札内村社会福祉協議会の独自の生活資金貸付制度です。
 審査を行ない、貸付の可否、金額を決定します。

 【対象者】 1.生活に必要な応急の資金を必要とする世帯。
        2.償還能力を有するとみとめられる方。
        3.中札内村に1年以上居住していること。
 【貸付金額】5万円以内(無利息)
        *特別な事情があると認められる場合には10万円まで。
 【返済期間】10ヶ月以内
 【貸付条件】保証人が1名必要です。
 【お問合せ】中札内村社会福祉協議会(68-3472)

★災害時緊急小口生活資金貸付事業
 火災など、災害時での被災世帯の生活を応急的に支援するため、緊急生活資金
 の貸付を行なっています。
 【対象者】火災、地震、水害に遭われた世帯
       村内に1年以上居住している世帯
 【事業内容】緊急小口生活資金の貸付
 【貸付金額】1万円以内(無利子)
 【利用方法】申請書を社協に提出してください。
        迅速に対応いたします
   


   
  

 

▲ページトップへ戻る

福祉サービス

中札内村社会福祉協議会の行なっている事業のご案内です。
★給食サービス
 週3回(火・水・金)に夕食のお弁当を配食します。 
 【対 象】一人暮らしの高齢者や高齢者夫婦世帯
      障がいにより調理などに困難をきたしている方など
 【利用料】1食 200円
 【申請書】ご利用前に申請が必要です。
       担当民生委員と協議を行い、利用決定を行ないます。

★給食交流会
 月1回、昼食交流会を開催しています。
 ボランティアの方々による様々なメニューの手作りの昼食後、ゲームや工作などで楽しく
 交流します。
 【対 象】70歳以上の一人暮らしの方
 【利用料】1回 200円(バス研修時500円)
 【開催日】お知らせのページをご覧ください。
 【場 所】中札内村老人保健福祉センター
 【申請書】毎年4月に対象年齢の方々へご案内を送付しています。
       その他の時期でも申込可能ですので、お問合せください。


★ふれあいサロン
 高齢者の交流の場として、月1回サロンを開設しています。
 お話や簡単なゲーム、簡単な健康体操などで交流しています。  
 【利用料】1回 100円
 【場 所】中札内サロン さつき荘
      上札内サロン 上札内交流館
 【開催日】お知らせのページをご覧ください。
 【申込み】必要ありません。お気軽にご参加ください。


★ふれあい喫茶
 中札内村文化創造センターで月1回開校しているポロシリ大学や行事が開催される
 際、ボランティアによるコーヒー等の提供をしています。
 【利用料】コーヒー 1杯 100円
      レモンティー1杯 100円

★訪問サービス(高齢者等生活支援事業)
 在宅の一人暮らしの高齢者を対象に、安否確認を兼ねてヤクルト配達員が訪問しま
 す。声かけ、健康状態、防犯の状況、火気等の取扱い状況を確認します。
 【対象者】一人暮らしの方
       市街地区に居住する方
 【利用料】無料
 【申込み】申請が必要です。
      
★除雪サービス
 10センチ以上の雪が降ったときに、生活道路として玄関前の道路を除雪します。
 (多くの行政区にご協力をいただいています。)
 【対 象】一人暮らしの高齢者や高齢者夫婦世帯
      身体に障がい(1~3級)をもたれている方
      除雪サービスの利用を必要とする世帯
 【利用料】無料
 【案 内】中札内村広報に折り込まれる社協広報誌「みんなの輪」10月号で
      お知らせしています。
 【申込み】申請が必要です。
      10月からの受付となります。
      村福祉課と協議を行い、利用決定を行ないます。
 【期 間】11月~3月を基本とし、降雪の状況によってはこれ以外の期間において
      もできる限り対応していけるよう準備していきます。
      除雪は朝9時から順番に開始します。
      利用者からの時間指定はできません。
      作業は雪がやんでから開始します。

★紙おむつ等購入助成事業
 紙おむつ等の購入費の半額助成を行なっています。
 【対 象】在宅で寝たきりのおおむね65歳以上の高齢者(要介護3以上)
      重度身体障がい者(手帳1・2級)
 【助成対象商品】紙おむつ・尿とりパット・尿取りシート
 【助成額】購入代金の半額助成(10円未満切捨て)
       毎月末〆翌10日払い(支払日が休日の場合は前後します)
       ただし、3月は締切が26日となります。
 【申 請】購入商品名がわかる明細(レシート)と利用者名入りの領収書を社協事務
      所までお持ちください。
      
★住環境整備事業
 住宅の窓拭きや清掃、小破修繕など、高齢者の方が住み慣れた地域や家庭で安
 心・安全に過ごせるように住宅清掃のお手伝いをします。
 【対 象】70歳以上の一人暮らしの方
      70歳以上の高齢者夫婦世帯(お二人とも70歳以上の世帯)
 【内 容】住宅の窓拭き、家の中や住宅周辺の清掃、庭木の冬囲い、小破修繕
      (材料は事前にご用意ください)
      *上記にない作業については、事前にお問合せください。
 【利用料】無料(ただし、ご利用は1回限りとなります)
 【案 内】中札内村広報に折り込まれる社協広報誌「みんなの輪」10月号でお知
      らせしています。
 【申込み】10月からの受付となります。
       受付後、順番に作業を行ないます。
       作業は高齢者就労センターに業務委託しています。

★在宅介護者への支援事業
 自宅で高齢者を介護している方に、経済的な支援を行ないます。
 【対象者】自宅で高齢者を介護している方
       毎年度4月1日以降、総利用日数が連続3日以上の方
 【内 容】ショートステイを利用している方を対象に、利用料の一部を助成いたします。
 【助成額】一律5,000円
 【申 請】利用施設から利用証明をもらい、社協に申請してください。

★在宅高齢者支援事業
 村内在住の70歳以上の一人暮らしの方に、ボランティアや子どもたちによるクリスマス
 ケーキ配布と年賀状の送付を行ないます。

▲ページトップへ戻る

貸出サービス

以下の物品の貸出を行なっています。
ご利用には事前の申請が必要です。

★福祉機器貸出
 車椅子9台、ベッド10台を保有しています。
 【利用料金】 車椅子    3ヶ月 1000円
         介護用ベッド 3ヶ月 1500円
                     
★物品貸出
 行事用テント15張り、たこ焼き器1台、鉄板焼き器1台の貸出を行っています。
 【利用料金】テント   1張 2000円
        *行政区等で利用する場合は無料となります。
        たこ焼き器 1回  500円
        鉄板焼き器 1回  500円  
 【貸出期間】1週間以内
    
  
 
 機器の貸出については先着順のため、貸出中の場合もあります。
 まずは事務局までお問合せください。(事務局68-3472)

▲ページトップへ戻る

地域活動

★行政区たすけあい活動推進事業
 行政区内住民の参加と協力により、地域の高齢者・障がい者・児童が地域の中で
 安心して生活がおくれるよう、支えあい・たすけあう活動に対して支援を行ないま
 す。
 【対 象】行政区
 【内 容】ふれあいカードの作成
      見守り・声かけ訪問活動
 【助成額】1行政区あたり年額20,000円
      実施戸数当たり500円
 【申 請】4月に各行政区へご案内を送付いたします。
      実施を希望する行政区は、社協まで指定申請書の提出をお願いします。

★地域住民活動助成
 高齢者・児童・障がい者との交流事業に対する助成を行ないます。
 【対 象】高齢者・児童・障がい者等との交流事業を行なう地域団体
 【申 請】希望の団体は、社協へご相談ください。

★福祉団体活動助成
 福祉団体の自主的な取組みを支援し、地域福祉の推進に寄与することを目的に
 助成を行ないます。
 【対 象】村内の福祉団体
 【助成対象事業】
  1.各種大会等への参加
  2.地域での高齢者や児童との交流事業
  3.ボランティア活動
  4.各種研修事業への参加
  5.その他会長が認めた事業
 【助成額】
  事業に要した費用の2分の1以内とし、団体ごとの上限額を定める。
 【申 請】
  希望の団体は、社協へお問合せください。
 

★単位子ども会活動助成
 単位子ども会活動の普及と促進を図るため、活動にに対する助成を行ないます。
 【対 象】村内の単位子ども会とする
 【助成対象事業】
  1.ボランティア活動
  2.新年会などの親睦交流会
  3.野外レクリエーション
  4.その他会長が認めた事業
 【助成額】
  1.均等割り 1団体  4,000円
    複数行政区で子ども会を構成する場合は、構成する行政区数に4000円を
    乗じた額となります。
  2.会員割り 1人あたり 300円
 【申 請】
  4月に各単位子ども会あてにご案内をお送りいたします。
  助成を希望される会は、社協まで指定申請書の提出をお願いします。  



▲ページトップへ戻る

ボランティアセンター

中札内村におけるボランティア活動推進の拠点として、効果的にボランティア活動が展開されるよう中札内村社会福祉協議会に「中札内村ボランティアセンンター」が設置されています。

★ボランティアセンターの役割
 ・ボランティア活動に関する相談・登録・斡旋
 ・ボランティア活動に関する情報提供
 ・ボランティアに関する研修会・講習会の開催

★ボランティア登録団体一覧
 ・ボランティア団体
   こぶしの会(独居老人との給食交流会)
   縁寿の会(給食配食サービス、各種行事協力)
   麦の穂(独居老人との給食交流会、車椅子清掃)
   ポプラの会(給食サービス配食、各種行事協力)
   なかよし会(ふれあい喫茶、ふれあいサロン協力)
   興農会ボランティア(施設の衣類たたみ等)
   喜楽会ボランティア(施設の衣類たたみ等)
   寿会ボランティア(施設の衣類たたみ等)
   上札内たすけあいボランティアチーム(上札内ふれあいサロン協力)
   南十勝年輪レクリエーション協会(レクリエーションを通して体験の機会を提供)
   更正保護女性会(ふれあい広場協力)
   SPにれの会(傾聴ボランティア)
   読み聞かせの会(朗読ボランティア)
    

 ・個人ボランティア H27年度登録者9名
   配食サービス、給食交流会等様々な行事で活躍されています。



★ボランティア保険へ加入しませんか?
 活動中の事故に備えて保険への加入をおすすめしています。
 加入手続きはボランティアセンター(社協事務所)で行なえます。
 

★ボランティア保険加入助成
 【対 象】ボランティアセンター登録団体及び個人ボランティア
      ボランティアセンターより依頼した活動を行う団体及び個人ボランティア
 【助成額】1人200円


★ボランティア団体活動助成
 ボランティアセンターより依頼した活動に対し、活動助成を行なっています。
 【要 件】
   1.ボランティアセンターに登録した団体、個人であること
   2.自主的な活動として、計画的かつ継続的に活動を行なっており、今後もその
    活動が期待できること。
   3.ボランティア登録カード、その他活動内容が確認できる資料を提出することがで
    きること。
    ただし、新規登録団体については、上記の要件を満たす場合であっても、
    活動内容の確認のため、設立翌年度より交付対象とする。  
 【助成額】
   活動により助成額は異なります。
   詳しくはボランティアセンター68-3472までお問合せください。

★学童・生徒ボランティア活動助成
 村内小中学校が実施する学童・生徒のボランティア活動普及事業に対しての助成を
 行ないます。
 【対 象】村内小中学校
 【申 請】2月に各学校宛にご案内をお送りいたします。


その他にこんな活動もしています。
開催日・参加者募集については、順次広報等でお知らせします。

☆ボランティア体験
 夏休み中の小・中学生を対象に、ボランティア体験を実施します。
 【対象者】小学5・6年生・中学生
 【参加費】無料
  
☆ボランティアコーディネーター研修への参加
 ボランティア活動をしたい人とボランティアをお願いしたい人とを結びつけるボランティア
 さんのことをいいます。これまでは既存のボランティア登録者へご案内していました
 が、今年度より全村民の方を対象に参加者を募ることとなりました。

☆ボランティア研修会
 ボランティア団体、内容によっては全村民の方を対象に研修会を実施しています。
 
☆ボランティア大会への参加
 全道のボランティア交流会に参加しています。

▲ページトップへ戻る