生駒市社会福祉協議会事務局

人生に必要なお金のお話~ライフマネーセミナー~を開催しました

生駒市セイセイビルにて、「人生に必要なお金のお話~ライフマネーセミナー」を平成29年8月19日(土)、24日(土)、9月2(土)と三回にわたり開催いたしました。
第1回は15名、第2回は12名、第3回は29名の方に参加していただきました。

奈良県司法書士会の竹内誠氏と日本ファイナンシャルプランナー協会の辻本由佳氏をお招きし講演していただきました。

第1部では司法書士の竹内氏よりカードの便利さと恐ろしさや借金を背負った時の債務整理の仕組みについて、また、遺言や相続など仕組みや具体的な手続きについてご講演いただきました。
第2部ではファイナンシャルプランナーの辻本氏よりキャッシュフローの立て方や、医療保険等の生活の備えに必要な知識、老後に必要なお金など、身近な生活の中でのお金についてお話をしていただきました。

「豊かな人生を送ること=お金がある」ということではなく、「安心した生活=豊かな人生を送ること」になると思います。今回のセミナーでは、なりたい自分の人生がどのようなものなのかを再認識していただき、それがより現実になるように、人生設計を見直すきっかけになっていただいたと思います。


▲ページトップへ戻る

友愛電話訪問交流会を開催しました。

平成28年12月19日(月)に友愛電話訪問交流会を開催しました。
友愛電話訪問の利用者さん15名、ボランティアさん17名にご参加いただきました。

友愛電話訪問とは、一人暮らし高齢者等のお宅にボランティアさんが週に1回、電話をし、暮らしの様子をお尋ねしたり、日常生活のちょっとした情報をお伝えしたり、おしゃべりを楽しんでいただく事業です。

普段は電話で声だけのお付き合いですが、年に一度は一堂に会し、交流会を開催しています。

今年のプログラムは、ヨガ教室の講師 河島氏を招き、笑いながら顔や手足を動かしてヨガをおこないました。会場全体が笑顔であふれとても和やかな雰囲気となりました。その後は、毎年恒例の干支の色紙づくり、歓談しながらの会食と楽しいひと時を過ごすことができました。


▲ページトップへ戻る

「ひとり親家庭一日レクリエーション」に行ってきました。

平成28年3月19日(土)に「ひとり親家庭一日レクリエーション」を開催しました。

今年の行先はグリコピア神戸、マリンピア神戸。職員2名を含む、合計36名でのバスツアーです。

グリコピア神戸ではお菓子が出来るまでの工程を見学。甘い香りの中、クッキー生地がベルトコンベアーで流れていきながら焼きあがっていく工程などガラス越しに目を輝かせながら見ていました。
マリンピア神戸のおさかなの学校では、乾のり作り体験をしました。手すきの枠にのりを流しいれ、プレスすると見たことのあるのりができあがります。乾燥をさせれば出来上がり。作ったのりはおみやげに持ち帰りました。帰りのバスの中は磯の香りでいっぱいになりました。

行きも帰りも渋滞にあいましたが、事故や怪我もなく無事に帰ることが出来ました。

また、来年も楽しい企画を考えますので、参加してくださいね。

▲ページトップへ戻る

ふれあい喫茶(小明台)を訪問しました

ふれあい喫茶は、第2日曜日の午前10時~午後12時まで、小明台集会所にて開催しています。
訪問した今回は、紙粘土を使って今年の干支の置物作りを行いました。細かい作業に皆さん苦戦していましたが、出来上がり見ると、「それぞれ猿の表情が違って面白いなあ」と話していました。
このほか、普段は体操や歌、季節によってはクリスマス会など催しを行っています。今回は欠席でしたがハーモニカが得意な参加者がおられ、そのかたの演奏を楽しみに来られるかたも多いそうです。


▲ページトップへ戻る

田原サロン「ふたば会」を訪問しました。

 2016年、新しい年になり、各サロンでは新年の催しが行われています。
 
 南田原町のサロン「ふたば会」でも新年の集いが行われ、職員がお伺いするとスタッフ・参加者で作られた「ふたば会の唄」を歌って迎えてくださいました。
まずは、「大きな声を出して、今年一年元気に過ごせるように」とカラオケタイム。職員も一緒に「天城越え」を歌わせていただきました。
その後は、お待ちかねのビンゴゲーム。豪華賞品?!を期待して、参加者の皆さん大変盛り上がっていました。
次回は、4月に毎年恒例の高山町でのお花見。皆さん次のサロンを楽しみにしながら帰られました。


▲ページトップへ戻る

「鹿ノ台 いきいきサロン」のクリスマス♪

~♪真っ赤なお鼻のトナカイさんは いつもみんなの笑いもの
  でもその年のクリスマスの日 サンタのおじさんは言いました~♪

鹿ノ台西集会所の中から、明るい歌声が聞こえてきます。
扉を開けると、中にはサンタやトナカイの帽子をかぶったみなさんがクリスマスの催しをされていました。
バトンやボールを使って、歌をうたいながら体操もしてしっかり体をほぐします。
体もあったまったところで、今度はサロンスタッフ手作りの「サザエさんゲーム!」
参加者がサザエさんの登場人物になって、白熱のジャンケンでとても盛り上がりました。


▲ページトップへ戻る

友愛電話訪問交流会を開催しました。

平成27年11月30日(月)に友愛電話訪問交流会を開催しました。
友愛電話訪問の利用者さん14名、ボランティアさん15名にご参加いただきました。

友愛電話訪問とは一人暮らし高齢者等のお宅にボランティアさんが週に1回、電話をし、暮らしの様子をお尋ねしたり、日常生活のちょっとした情報をお伝えしたり、おしゃべりを楽しんでいただく事業です。

普段は電話で声だけのお付き合いですが、年に一度は一堂に会し、交流会を開催しています。

今年のプログラムは生駒市健康課から講師を招き、ヘルシー講座と、毎年恒例の干支の色紙づくり、会食、市民ボランティアさんによるハーモニカ演奏をしていただき、皆さんと一緒に歌いながら楽しいひと時を過ごすことができました。

盛りだくさんの内容で、あっという間に時間が過ぎ、みなさんの笑顔があふれる交流会となりました。


▲ページトップへ戻る

東新町ふれあいサロンを訪問しました。

今年も早くも12月。各サロンでも、クリスマスの催しを行ったりお正月の縁起物を作ったりと、年の瀬が感じられるようになりました。

今回訪問させていただいた東新町ふれあいサロンでも、お正月のために箸袋作りが行われました。来年の干支のサルの絵が描かれた箸袋で、皆さんそれぞれお好きな色を塗られていました。
普段はサロンの最初に体操を行い、その後にゲームや手先を使う作品作りなどを行っています。最近、東新町に引っ越してこられた参加者もおられ、「スタッフのかたから声をかけていただいて参加しています。知り合いも出来て喜んでいます」とおっしゃられていました。

東新町ふれあいサロンは、毎月第1火曜日の午後13時~15時、東新町自治会館にて開催しています。


▲ページトップへ戻る

有里サロンを訪問しました

 有里サロンでは、認知症予防を目的に手芸など指先を使う活動を主に行っています。訪問した日は、もうすぐ冬ということでマフラー編みをされていました。参加者のみなさんは、「こうやって気軽に集まることができるし、皆で編み物をするのが楽しみです」と話されていました。手芸以外にも、クリスマスの時期などには昼食会も行っています。
またサロンを行う日の午後には、地域の老人クラブのカラオケに参加したり、年に2回ほど自治会館の掃除を行ったりと、サロン内だけでなく地域のさまざま活動とも関わりをもっています。

有里サロンは、毎月第2月曜日の午前10時~正午、有里町自治会館にて開催しています。


▲ページトップへ戻る

萩の台ふれあいサロンを訪問しました

訪問日は、銭太鼓の鑑賞が行われました。銭太鼓とは、竹筒のなかに入った銭の触れ合う音を利用して演じる民俗楽器です。
演技が終わった後、参加者・スタッフも実際に銭太鼓を体験しました。訪問した私も一緒に体験させていただきましたが、思っていたよりも激しい動きで、「いい運動になるわ!」と息を切らしながらも皆さん楽しんでおられました。

この他、手芸や昼食会、認知症についての学習会など、さまざまな活動が行われています。
萩の台ふれあいサロンは、毎月第1木曜日の午後1時~午後4時に、萩の台住宅地自治会館で開催しています。


▲ページトップへ戻る

第2回福祉的後見推進事業実務者連絡会を開催しました

平成27年10月29日(木)、今年度第2回目の福祉的後見推進事業実務者連絡会を開催しました。
今回のテーマは生活困窮者自立支援法の施行を受けて生駒市社会福祉協議会に設置された「くらしとしごと支援センター」からの提供事例をもとに、事例検討会を実施しました。
事例検討会のコーディネーターとして奈良県社会福祉協議会専門相談員の石井日出弘さんを招聘、専門職団体から松本・板野法律事務所の弁護士板野陽一先生、竹内司法書士事務所の司法書士竹内誠先生、奈良県社会福祉士会会長の片山美惠子先生、奈良県社会福祉協議会の釣井様にご参加いただき、専門的ご意見を頂戴しました。また、生駒市内の地域包括支援センター、生活支援センターの皆様から事例に対する質問や意見を出していただき、地域の多問題困難事例に関する有意義な議論ができました。


▲ページトップへ戻る

妊産婦・乳幼児子育てママの防災セミナー開催しました

10月24日(土)午前10時から正午までたけまるホール研修室6にて防災セミナーを開催しました。

第Ⅰ部では、防災についてのお話として、(1)起ったこと・困ったこと・できること(2)生駒市の災害と、防災・減災(3)妊産婦さんと、乳幼児のママさんに必要なことを聞いていただきました。
続いて第Ⅱ部では、ワークショップとして、生駒市でもし災害が起こったら何に困る?どう避難する?を住んでいる地域の地図を使い考えていただきました。

セミナーにはママさんだけでなく、パパさんも参加していただき、助産師さん、民生委員・児童委員さんなど、赤ちゃん・お子さんとママさんパパさんを囲んで、いろいろな方が参加してくださりました。

このようにして、地域でのつながりが創られることで、生駒市が命を大切に育むまちであることが、ママさん・パパさんたちに実感されたのではないでしょうか。


▲ページトップへ戻る

あじさいサロン(高山町大北)を訪問しました。

 訪問させていただいた日は、ボランティアグループによる朗読会でした。小学校の国語の教科書にも載っている「ちいちゃんのかげおくり」や、北原白秋の「山かつぎ」などを、ボランティアさんの個性豊かな声で朗読がされていました。また、参加されている方もボランティアさんと一緒に声を出して読む場面もあり、「大きい声を出すとスッキリしますね」と、皆さん楽しまれていました。

 この他にも、ボーリングなどのゲーム大会や、お食事会などの活動を行っています。「体を動かしたり、賑やかな催しが皆さんお好きなので、ゲーム大会は特に好評です」とスタッフのかたは話されていました。

あじさいサロンは、毎月第2火曜日の午後1時半~午後3時半、高山町大北自治会館にて行っています。


▲ページトップへ戻る

サロン憩(元町2丁目)を訪問しました

サロン憩は、毎月第3木曜日の13時~15時、元町2丁目の滝寺憩いの家にて行っています。

訪問当日は、小さな猿ぼぼ作りを行いました。猿ぼぼとは、猿の赤ちゃんのような形をした魔除けや健康を祈願したお守りです。小さな布を縫うのが難しい作業でしたが、完成した猿ぼぼを見て、「家に帰ったら飾ろうと思います」と満足されていました。
この他にもサロン憩では、食事会や詩吟などの活動が行われています。

元町2丁目では、サロン憩の参加者のなかから「地域のなかでサロン以外にも趣味の集まりをしたい」とのことで、書道などの会が開催されていて、サロンがきっかけで地域住民による自主的な活動が広がってきています。


▲ページトップへ戻る

「青山台サロン・つくし」を訪問しました。

「青山台サロン・つくし」は、毎週火曜日の午後1時~午後4時、青山台集会所にて開催されています。

普段は、手芸や映画会、茶話会などが行われています。毎年秋に、青山台では地域の文化祭が開催されるそうで、サロンで作った手芸の作品を出展しています。
また、定期的に食事会も開催されています。訪問させていただいた日は、敬老のお祝いで豪華なお弁当とお酒も飲みながら、皆さん楽しいひと時を過ごされていました。

サロンは毎週開催で活発に活動しており、参加者は「こうやって地域の皆さんと集まって楽しい時間が過ごせるので、ありがたく思っています」と話されていました。


▲ページトップへ戻る

「壱分町西のんきサロン」を訪問しました。

訪問させていただいた日は、萩の台サロンのかたによるハンドベル演奏が行われました。「もみじ」などの秋の歌や、「川の流れのように」などの懐かしの曲などが演奏され、美しいメロディーに皆さん聞き入っておられました

壱分町西のんきサロンは、萩の台サロンとはサロン開設当時から交流があり、定期的に音楽の演奏に来られているそうです。
 
このほか、クリスマスや正月の食事会、太極拳、自治会の夏祭りで行う盆踊りの練習など、さまざまな活動が行われています。
「壱分町西のんきサロン」は、毎月第3木曜日の午後1時~午後4時、壱分町西集会所にて開催されています。


▲ページトップへ戻る

「北大和うきうきサロン」を訪問しました。

「北大和うきうきサロン」は、毎月第1・4火曜日、午後1時半~午後3時半に開催されています。毎回スタッフ含めて30人程度のかたが参加されています。第1火曜日はミニ映画会、第4火曜日はゲームやミニハイキング、食事会、バスツアーなどが行われています。
北大和は比較的新しい住宅地なので、ほかの地域から引っ越してきて、サロンで住民同士のつながりを深めている参加者も多いそうです。

訪問させていただいた日は、ボランティアによるコーラスが行われました。美しく迫力のある歌声に、参加者・スタッフのみなさん聴き入っておられました。


▲ページトップへ戻る

「東旭ヶ丘いきいきサロン」を訪問しました。

東旭ヶ丘の元民生委員さんが、「地域の人たちが元気に過ごせるように、孤独にならないように、地域でみんなが集える場所を作らないといけない」と学ばれたことがきっかけでサロンを始められ、現在もスタッフを務められています。

訪問当日は、転倒予防の体操と、茶話会が行われました。この他にも映画会や、季節の飾り物を作るなど、さまざまな活動が行われています。
東旭ヶ丘では、空き家を借りて地域の集会所として利用しており、サロンもここで開催されています。他のサロンに比べると狭い会場ですが、皆でお菓子などを持ち寄ったり、お手伝いをし合ったりと、とてもアットホームな雰囲気でした。


▲ページトップへ戻る

西旭ヶ丘のサロン「サロン絆クラブ」を訪問しました。

西旭ヶ丘は、近鉄生駒駅から南へ5分ほど、生駒山の麓付近にあります。

訪問させていただいた日は、ちょうど夏休みの時期ということもあって、地域の子どもたちもたくさん参加されてとても賑やかな雰囲気でした。映画「佐賀のがばいばあちゃん」をみんなで鑑賞し、その後は茶話会が行われました。

「サロン絆クラブ」は、毎月第4月曜日、午後1時~午後4時に開催されています。参加者の対象は、西旭ヶ丘の地域住民で、毎回約20~30人のかたが参加されています。内容は、映画会やボランティアによる手品、音楽コンサートなどが行われています。毎回行われている茶話会には、地域の駐在所から警察のかたに来ていただき、防犯や交通安全等についての講習が行われています。
 
西旭ヶ丘では、民生委員、婦人会、子ども会などもサロン運営に関わっていて、幅広い世代のかたがたがサロンに来られています。


▲ページトップへ戻る

あすか野のサロン「あいあい集会所サロン」を訪問しました。

「あいあい集会所サロン」は、偶数月の第1土曜日、地域の住民全員を対象に開催されています。

毎回みんなで昼食を作って召し上がられるそうで、訪問当日のメニューは、焼きそば・味噌汁・おにぎりでした。今回は夏休みの時期ということもあって、地域の子どもたちも家族での参加が多く、とても賑やかな雰囲気でした。

あすか野の高齢者が集える場所を作ることを目的に始められた「あいあい集会所サロン」ですが、若い世代のかたや子どもたちの参加も増えているそうです。「サロンの準備や運営はとても大変ですが、皆楽しみにしてくださっていて、住民同士のつながりが増えていくことがとても嬉しく思っています」と、スタッフのかたはおっしゃられました。


▲ページトップへ戻る

光陽台のサロン「あかしあサロン」を訪問しました。

光陽台は、近鉄生駒駅から車で北へ10分、生駒市内が一望できる高台にあります。

訪問させていただいた当日は、唐招提寺の石田太一執事をお招きしての講演が行われ、皆さん真剣にお話を聴いておられました。その後は、ケーキとお茶を召し上がられながら、石田太一執事に質問をしたり、参加者同士の交流を楽しまれていました。

「あかしあサロン」は、毎月第4金曜日、午後1時~午後3時に開催されています。外部のかたをお招きしての講演会・演奏会・落語・手品などのほか、光陽台の住民がそれぞれの特技を活かしての催しも行っています。毎年4月には、サロンスタッフがちらし寿司を作ってお食事会も行われています。
参加者の対象は、光陽台の地域住民で、毎回約30~40人のかたが参加されています。
 
スタッフのかたがたは、「毎年年度初めには、サロンの年間計画をたてて、地域の人たちがサロンに来てコーヒーとケーキを食べながら交流して楽しんでもらえるように頑張っています」とおっしゃっておられました。


▲ページトップへ戻る

福祉的後見推進事業実務者連絡会を開催しました

平成27年7月9日(木)、今年度第1回目の福祉的後見推進事業実務者連絡会を開催しました。
今回のテーマは「信託」です。弁護士法人松柏法律事務所生駒事務所の藤木秀行先生をお招きし、信託の仕組みと手続きについて講義していただきました。
私たち福祉職にとってはなじみの薄い「信託」ですが、成年後見制度や財産管理契約の他に財産を管理する方法として信託があるということを学びました。
こういった方法も知識として蓄え、今後の支援につなげていきたいと考えています。


▲ページトップへ戻る

生駒市生涯学習グループ社交ダンスサークル様よりご寄付をいただきました

生駒市生涯学習グループ社交ダンスサークル様より善意銀行にご寄付いただきました。
いただいた寄付金は、市内の地域福祉活動などに大切に活用させていただきます。
ありがとうございました。


▲ページトップへ戻る

第65回 “社会を明るくする運動”が始まります

法務省主唱の“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~は今回で65回を迎え、「更生保護の日」である7月1日からの1ヶ月間を強調月間として、全国各地で新聞やテレビ等による広報、街頭キャンペーンの開催など、さまざまな催しが実施されています。生駒市内でも7月16日(木)午後4時30分から生駒駅前にて街頭キャンペーンを行います。
【生駒北地区保護司会事務局は生駒市社会福祉協議会が担当しています】

リンク:http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.html

▲ページトップへ戻る

さつき台のサロン「ネットさつき」を訪問しました

さつき台は、開発されて約30年になり、高齢化が進んでいます。サロンを始めて約10年、高齢者に限らず住民同士のつながりや助け合いのためにとの思いで、地域の民生委員などが中心となって「ネットさつき」は活動を続けています。

訪問当日は、健康マージャン教室を行っていました。「賭けない、タバコは吸わない、お酒は飲まない」の健康マージャン、対戦をとおして参加者同士の交流を楽しまれていました。

また、後日ウォーキングもお邪魔させていただきました。ウォーキングはサロンを始めた頃から毎年行っており、今回は一分駅周辺までと竹林寺までの2種類のコースを設定し、それぞれの体力に合わせてコースを選んで歩きました。

この他にも「ネットさつき」では、介護予防教室、子どもたちにも人気の手作りおもちゃ教室など、さまざまな活動を行っています。

さつき台では、老人クラブ・子ども会・サロンなど、地域で行っている活動に参加する住民が減ってきている傾向にあるそうです。そこで、民生委員などが中心となり、どのような活動を地域の集まりで行いたいかを地域住民にアンケートを取り、それぞれの会の活動内容の充実を図り、地域の集まりへの参加者を増やしていきたいと考えられています。
 
老人クラブ・子ども会・サロンという枠組みだけでなく、地域のなかでさまざまな趣味の会を作り、住民同士が交流を深めていける取組みを行っていきたいと、スタッフのかたは話されていました。

ネットさつきは、月に1、2回、さつき台集会所を中心に開催しています。さつき台にお住まいのかた、ぜひご参加ください。


▲ページトップへ戻る

災害時の相互支援活動に関する協定書調印式

 平成27年5月12日(火)、奈良県社会福祉協議会と県内市町村社会福祉協議会との間で、災害時の相互支援活動に関する協定書の調印式が行われました。
 
 この協定は、地震や風水害等により住民生活に甚大な被害が発生した場合に、被害を受けた地域の社会福祉協議会が行う救援活動を支援するために必要な事項を定めたものです。

 災害時、社会福祉協議会では災害ボランティアセンターを設置する等さまざまな救援活動を行っていますが、被災地社協職員だけで支援を続けるのは非常に困難です。
 そんな時のために、職員派遣等の相互支援が速やかに行えるように協定が締結されました。

 生駒市社会福祉協議会では、災害時の対応をマニュアル化していますが、今後も県内社協や関係機関と連携を強めていきます。


▲ページトップへ戻る

平成25年度 財産目録

平成25年度 財産目録

資料 :平成25年度 財産目録.pdf

▲ページトップへ戻る

平成25年度 特別会計貸借対照表

平成25年度 特別会計貸借対照表

資料 :平成25年度 特別会計貸借対照表.pdf

▲ページトップへ戻る

平成25年度 一般会計貸借対照表

平成25年度 一般会計貸借対照表

資料 :平成25年度 一般会計貸借対照表.pdf

▲ページトップへ戻る

平成25年度 特別会計資金収支計算書

平成25年度 特別会計資金収支計算書

資料 :平成25年度 特別会計資金収支計算書.pdf

▲ページトップへ戻る

平成25年度 一般会計資金収支計算書

平成25年度 一般会計資金収支計算書

資料 :平成25年度 一般会計資金収支計算書.pdf

▲ページトップへ戻る

平成24年度 財産目録

平成24年度 財産目録

資料 :平成24年度 財産目録.pdf

▲ページトップへ戻る

平成24年度 特別会計貸借対照表

平成24年度 特別会計貸借対照表

資料 :平成24年度 特別会計貸借対照表.pdf

▲ページトップへ戻る

平成24年度 一般会計貸借対照表

平成24年度 一般会計貸借対照表

資料 :平成24年度 一般会計貸借対照表.pdf

▲ページトップへ戻る

平成24年度 特別会計資金収支計算書

平成24年度 特別会計資金収支計算書

資料 :平成24年度 特別会計資金収支計算書.pdf

▲ページトップへ戻る

平成24年度 一般会計資金収支計算書

平成24年度 一般会計資金収支計算書

資料 :平成24年度 一般会計資金収支計算書.pdf

▲ページトップへ戻る