日本赤十字社

日本赤十字社

 世界各国で発生する紛争被害や自然災害による被害への救援活動で世界的に知られている赤十字社は、国際的なネットワークを生かし、国境を越えて人の命の尊厳を守る様々な人道的活動を推進しています。
 その活動は医療救護や救援活動をはじめとし、伝染病予防教育、医療機器の整備、飲料水供給・衛生環境改善事業など多岐にわたっています。
 その他、赤十字病院の運営、社会福祉施設の運営、看護師養成事業や救急法等の講習、献血事業、青少年赤十字活動など平時から様々な活動を行っています。
 そして赤十字を創立したスイス人、アンリー・デュナンの生誕日、5月8日が「世界赤十字デー」であることから、日本赤十字社では毎年5月を「赤十字運動月間」と定め、赤十字の理念や活動について皆様によりいっそうのご理解をいただくためにキャンペーンを展開しています。


▲ページトップへ戻る

社資募集運動

 日本赤十字社は人道事業の実施にあたって、その独立性と中立性が求められているため、公的資金によらない事業運営をおこなわなければなりません。そこで、地域住民の皆様や各法人・団体の方々への社資募集(通常、募金と呼んでいますが、正式には「社資」と呼ぶのが正しい。)運動を展開することで、趣旨の理解とご支援・ご協力をいただき、事業を円滑におこなうための運営資金とされています。

▲ページトップへ戻る

赤十字奉仕団

 赤十字奉仕団は、赤十字思想の普及や社資の募集、災害救護、救急法・健康生活支援講習等の普及など赤十字事業の推進にあたるとともに、地域の状況に応じて各種ボランティア活動など幅広い活動を展開しています。
 皆さん、赤十字の活動に参加してみませんか。

▲ページトップへ戻る