赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金

 毎年10月1日から12月31日まで全国一斉に共同募金運動が行われています。千葉県では、社会福祉法人千葉県共同募金会が主体となり、千葉県共同募金会白子町支会として白子町社会福祉協議会が事務局となり活動しています。
 赤い羽根共同募金は、寄せられた募金の約7割が、翌年度白子町社会福祉協議会へ配分され、地域福祉事業・生活支援事業や福祉団体育成などに使われています。
 残りの約3割は、千葉県全体の福祉活動に使われています。また、大規模な災害が起こった際の備えとして、千葉県共同募金会では募金の3%以内を積み立てており、破損施設復旧やボランティア活動支援など、被災地を応援するために活用されています。
 ご寄付いただいた募金は、町内や県内のさまざまな社会福祉活動の支えとなり、みんなで助け合う住みよい地域づくり・だれもが安心して暮らせるまちづくりに役立てられています。
 共同募金運動の趣旨をご理解いただき、今後ともあたたかいお気持ちを共同募金にお寄せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 共同募金の使いみちは、下記リンク先の中央共同募金会のホームページ「はねっと」で公開されています。


リンク:http://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/home.do

▲ページトップへ戻る

歳末たすけあい募金

 毎年12月に、共同募金の一環として、NHKとの共催で行われる助け合い運動です。
 この募金運動の特徴は、NHKがテレビ、ラジオを通じた広報を、そして中央共同募金会と県共同募金会が寄付金の受け入れや配分など寄付金の取扱いに関する業務を、それぞれ役割分担して行っていることです。
 お寄せいただいた寄付金は、共同募金会を通じて、心身障がいのある方々、支援を要する子どもたち、介護を必要とされる高齢者、被災された方などを支援する各地域の福祉活動に役立てられます。


▲ページトップへ戻る