介護保険事業

ケアマネジャー

居宅介護支援(ケアマネジャー)とは?
介護保険をご利用になる、介護の必要な方やご家族様のご要望を尊重し、心身の状態や家庭の状況に考慮して、適切なサービスが利用できるように支援を行います。
都道府県の指定を受けた居住介護支援事業所では、介護支援専門の資格を持つケアマネジャーが、ご利用者様とサービス事業者のパイプ役となり、連絡・調整や介護に関するさまざまなご相談に応じます。また、継続的なサービスの評価、苦情の受付などを行います。これらのご相談や、介護サービスの計画作成等には費用のご負担はございませんので、お気軽に御相談下さい。

さつま町社会福祉協議会では、6人のケアマネジャーが利用者様と家族様の気持ちを第一に考えながら、自宅で安心して生活できるようにお手伝いをさせていただいております。

問合せ先
さつま町居宅介護支援事業所 TEL:0996-52-1866

▲ページトップへ戻る

ホームヘルプサービス

訪問介護・障害者居宅介護とは?
要介護1~5又は障害者自立支援法の障害給付決定を受けた方の利用者様の自宅にホームヘルパーが訪問して、食事・入浴・排泄などの身体介護や炊事・掃除・洗濯といった家事などの生活援助を行います。

介護予防訪問介護とは?
要支援1~2の利用者様の自宅にホームヘルパーが訪問して、利用者様が困難に感じている事を支援し、少しずつ出来る事を増やしていくお手伝いをします。
(例)利用者様が困難に感じているを手助けしながら一緒に調理をする。洗濯物を一緒に干したりたたんだりするなど・・・自立を促すサービスです。

自宅での快適な生活を応援します!!

問合せ先
さつま町訪問介護事業所 TEL:0996-21-3603

▲ページトップへ戻る

乗降介助サービス(ホームヘルプサービス)

乗降介助サービスとは?
車椅子を利用している、車への乗降時に足を上げるなどの手伝いが必要、などの理由で単独で公共交通機関を利用して移動することが困難な方々の外出を支援するサービスです。専門スタッフが目的に沿って移動のお手伝いをしますので安心してご利用いただけます。

※要介護1~5の利用者様が対象です。介護保険以外でも利用できる「自由契約」もあります。詳しくは「地域福祉推進事業」のメニューの「移送サービス事業」をご覧ください。

問合せ先
さつま町社会福祉協議会(福祉タクシー)
TEL:0996-52-1864

▲ページトップへ戻る

訪問入浴サービス

訪問入浴サービスとは?
介護・介助が必要な、高齢者や障害者などの方がご自宅のお部屋でそのまま入浴できるサービスです。
専用の浴槽を装備した訪問入浴車とスタッフ3人チーム(看護職員1名・介護職員2名)で訪問し、寝ているそばで入浴をしていただくことができます。
看護職員が同行するため、利用者の身体的な状態を把握でき、訪問介護などのほかのサービスを受ける際の情報交換やアドバイスも行っていきます。

問合せ先
さつま町訪問入浴事業所 TEL:0996-52-1865

▲ページトップへ戻る

福祉用具貸与サービス

福祉用具貸与サービス
福祉用具とは?
福祉用具とは、心身の機能が低下し日常生活を営むのに支障がある要介護者、要支援者の日常生活上の便宜を図るための用具や、日常生活の自立を助けるための機能訓練のための用具をいいます。

貸与される福祉用具の種類は?
貸与(レンタル)された場合に介護保険で費用の9割を給付する福祉用具は、車椅子、車椅子付属品、特殊寝台(介護用ベッド)、特殊寝台付属品(マットレス、サイドレール等特殊寝台と一体的に貸与出来る物)床ずれ予防用具(送風装置または空気圧調整装置を備えた空気マッレスや耐圧分散効果のあるマットレス)、体位変換器(体の下に挿入して、時間で動くマットレス)手すり、スロープ、歩行器(四脚のもの、二輪、三輪等)歩行補助つえ、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフト(つり具の部分を除く)の12種類です。

問合せ先
さつま町福祉用具貸与事業所 TEL:0996-52-1865

▲ページトップへ戻る