さつま町地域包括支援センター

地域包括支援センターとは?

 住み慣れた地域で暮らす高齢者がその人らしい生活が維持出来るように、おひとり、おひとりの状況やご本人・ご家族の意向を尊重しながら、介護・福祉・医療など幅広い分野で連携を図りながら、適切な支援やサービス・情報提供を行う所です。
 地域包括支援センターには、「保健師」、「社会福祉士」、「主任介護支援専門員」などの専門職のスタッフが連携を図りながら、ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

☆主な業務内容☆
①総合相談窓口
 ご家族の介護でお困りの場合や身近なことでわからないことなどがあった場合は状況に合わせて適した情報提供や介護保険の説明などを行います。

②指定介護予防支援事業所業務
 要支援1・2の方が自立した生活ができるように介護予防支援計画(プラン)を作成、適切な介護サービスの提供を行います。

③介護予防マネジメント
 二次予防事業の対象者の方への健康な状態を維持するための介護予防事業の利用する際のお手伝いや健康づくりの普及啓発を行います。

④権利擁護
 高齢者の権利を擁護し、虐待の早期発見、消費者被害などがあった場合は相談に応じ、役場などとも連携をしていきます。

⑤認知症関連
 認知症サポーター養成講座等を実施して、認知症に対する正しい理解を幅広い世代へ広げていきながら、応援者の普及活動を行います。

※オレンジカフェ‘ほうかつ’がオープンしました。物忘れが気になる方や介護で悩んでいる方、お気軽にお越しください。
 毎月第1・3月曜日 9:30~11:30(変更する場合あり)


■お問い合わせ先:さつま町地域包括支援センター
   住所 〒895-1803 
       鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地2030番地
         電話    0996-52-4690
         ファックス 0996-52-4691        


▲ページトップへ戻る

介護支援専門員(ケアマネジャー)の方へ

更新時・ケアマネ情報提供書(様式4)
医療機関との連携のためにご使用ください。

資料 :更新時・ケアマネ情報提供書 .pdf

▲ページトップへ戻る

さつま町認知症ケアパス

ご活用ください。

資料 :★認知症ケアパス(28.4改訂版)★.pdf

▲ページトップへ戻る