日本赤十字社

日本赤十字社「平成29年台風第18号災害義援金」の受付について

 平成29年9月に発生した台風18号にともなう災害により、大分県では大きな被害がでました。
この災害で被災された方々を支援するため、下記のとおり義援金を受け付けております。皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

お寄せいただいた義援金は、大分県に設置された義援金配分委員会を通じ、全額を被災された皆様にお届けいたします。


義援金の受け付けにつきましては、竜王町社会福祉協議会(日本赤十字社 竜王町分区)で致しております。
また、下記の日本赤十字社ホームページからでも受け付け致しておりますので下記よりお入りください。

リンク:http://www.jrc.or.jp/contribution/170921_004957.html

▲ページトップへ戻る

「2017年南アジア水害救援金」の受付について

 平成29年7月頃からモンスーン期に入った南アジアでは、近年にない降水量を記録し、インド・バングラデシュ北部とネパール南部にまたがる大規模な洪水が発生し、地域全体で約4,000万人が被災し、死者1,200人以上、倒壊家屋95万棟以上の被害が出ています。(8月28日現在)
 つきましては、各国赤十字社と国際赤十字・赤新月社連盟が実施する救援活動を支援するため、救援金受付を行うこととなりましたので、下記の日本赤十字社ホームページよりお入りいただきご協力をお願いいたします。

リンク:http://www.jrc.or.jp/contribute/help/#kaigai

▲ページトップへ戻る