1. HOME >
  2. 福祉のお仕事 >
  3. 市区町村社会福祉協議会の職員
福祉のお仕事
  • 介護の仕事
  • 保育の仕事
  • 相談・援助・調整の仕事
  • 保健・医療の仕事
  • リハビリテーションの仕事
  • 栄養・調理の仕事
  • 運営・管理の仕事
  • 行政の相談所の職員
  • 市区町村社会福祉協議会の職員

福祉のお仕事

市区町村社会福祉協議会の職員

みんなが安心して暮らせる「福祉のまちづくり」を推進
社会福祉協議会は、「地域福祉の推進を図ること」を目的に、地域の住民組織、公私の社会福祉関係者や保健・医療・教育機関、ボランティア団体や行政が参加・協力する組織です。地域の人々が住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現をめざした活動を行っています。活動には、福祉サービスや相談活動、ボランティア活動や市民活動の支援などがあり、職員はこうしたさまざまな事業を行う職種で構成されています。

インタビューを見る
仕事につくには
社会福祉協議会は、各市区町村にあります。採用の時期や必要となる資格は各社会福祉協議会によって異なります。職場の雰囲気や仕事を理解するためには、社会福祉協議会が開催するイベントやボランティア活動に参加するのもよいでしょう。
 
職種紹介
福祉活動専門員、ボランティアコーディネーター、地域福祉担当職員
「福祉のまちづくり」を進めていく専門職員です。地域の人々からのさまざまな相談や、調査活動によって地域の問題を把握し、その解決に向けて住民と協力し宣伝活動やボランティア活動、また新しい福祉活動の企画・実施などを行います。
必要な資格

特に必要ありませんが社会福祉士などの専門資格を要件とする社会福祉協議会が多いようです。

詳しくはこちら
在宅福祉サービスの介護職員や相談援助職員
高齢者や障害のある方の家庭を訪問して福祉サービスを提供したり、相談支援を行う仕事です。ホームヘルプサービスや入浴サービス・地域包括支援センター・居宅介護支援事業所などが活躍の場となります。
必要な資格

訪問介護員(ホームヘルパー)に必要な資格

相談員(ソーシャルワーカー)に必要な資格

看護職に必要な資格

詳しくはこちら
事務職員
社会福祉協議会を運営していくための、経理や事務作業を行う仕事です。法人の経営や事業の企画、マネジメントなど組織に不可欠な役割となっています。仕事につくための資格は特に定められていませんが、簿記やパソコン操作などの技術を身につけておくと良いでしょう。
詳しくはこちら
 
ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 Japan National Council of Social Welfare National Center for Social Service Human Resources.All rights reserved.