1. HOME >
  2. 福祉のお仕事 >
  3. 栄養・調理の仕事
福祉のお仕事
  • 介護の仕事
  • 保育の仕事
  • 相談・援助・調整の仕事
  • 保健・医療の仕事
  • リハビリテーションの仕事
  • 栄養・調理の仕事
  • 運営・管理の仕事
  • 行政の相談所の職員
  • 市区町村社会福祉協議会の職員

福祉のお仕事

栄養・調理の仕事

食事を通して健康で豊かな生活をサポートする
人が健康に生きていくうえで欠かせない「食事」にかかわる仕事です。そのため、高齢者や子ども、障害のある方など対象にかかわらず、ほぼすべての社会福祉施設に栄養士や調理員などのスタッフが活躍しています。食事を通して、利用者の健康維持や増進、病気の予防や治療のサポートをします。栄養士は、栄養のバランスが良い献立づくりや材料調達など調理全般にかかわる管理のほか、実際に調理も行います。また健康を保つための栄養指導なども行います。調理員は、栄養士と協力しながら実際の食事づくりを行います。

栄養・調理の仕事
仕事につくには
栄養士になるには資格が必要です。栄養士の養成施設である大学、短期大学、専門学校を卒業すると資格を取得できます。調理員は、必須ではありませんが、調理師免許を持っていると就職に有利です。調理師免許の取得方法の一つとして、専門学校など養成施設を卒業することがあげられます。
 
職種紹介
栄養士、管理栄養士
栄養士は、福祉施設、病院などで利用者にあわせた栄養バランスや、飲み込みやすさといった調理法を考えた食事の献立を作るほか、食材の発注・調理・予算管理・調理員へのアドバイス・調理施設の衛生管理などを行う仕事です。管理栄養士は栄養管理に関するより高い知識、技術が求められ医師その他の職種と連携し、利用者の栄養や食生活の改善やアドバイスなどを行います。
必要な資格
詳しくはこちら
調理員
栄養士がつくった献立にもとづき、実際の食事をつくります。一度に大量の食事をつくることもあるため、材料の仕込みや味付け、大型の調理器具の使用方法などの知識や技術が求められます。また、食事をする人の年齢や状態に合わせ、見た目はもちろん食べやすいように調理方法の工夫も行います。食事を通して利用者に楽しみを提供できる仕事です。
必要な資格
  • 調理師

    ※必須ではないが、持っていると有利

詳しくはこちら
 
ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 Japan National Council of Social Welfare National Center for Social Service Human Resources.All rights reserved.