1. HOME >
  2. 福祉のお仕事 >
  3. リハビリテーションの仕事
福祉のお仕事
  • 介護の仕事
  • 保育の仕事
  • 相談・援助・調整の仕事
  • 保健・医療の仕事
  • リハビリテーションの仕事
  • 栄養・調理の仕事
  • 運営・管理の仕事
  • 行政の相談所の職員
  • 市区町村社会福祉協議会の職員

福祉のお仕事

リハビリテーションの仕事

こころとからだの機能回復を通して社会復帰をサポート
リハビリテーションとは、病気やけがによって起こったからだの障害を可能な限り回復させ、本人の力を最大限に高めて、豊かな生活が送れるようにサポートすることです。リハビリテーションの仕事には、対象者の障害の種類や場所によって、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、視能訓練士があります。いずれの仕事も対象者の情報をしっかり理解し、訓練や指導を行うことが大切です。

リハビリテーションの仕事
仕事につくには
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、視能訓練士すべての仕事に国家資格が必要です。高校卒業後、大学、専門学校など指定の養成校で勉強し、国家試験を受験・合格し免許の取得を目指しましょう。
 
職種紹介
理学療法士、作業療法士
理学療法士は、からだの機能に障害のある方に対して、主に身体の運動を通じて筋力の増強や関節の動きをスムーズにするなど運動機能を回復させる運動療法や、マッサージ・電気治療などの物理療法を行います。作業療法士は、心身に障害のある方に工作や手芸・家事などの「作業」を通じて、身体機能の回復や維持・予防を図ります。どちらの仕事も、福祉分野で働く場所は、障害者福祉施設や老人福祉施設などになります。
必要な資格
詳しくはこちら
言語聴覚士(言語療法士)
言語聴覚士は、失語症や難聴などの言語や聴覚に障害があったり、食べ物を飲み込むことが難しい人に対し、専門的な訓練・検査・指導・アドバイスを行います。病院のほか、福祉分野では、難聴の幼児が通う施設や、聴覚や言語に障害がある方の更生施設が活躍の場となります。
必要な資格
詳しくはこちら
義肢装具士
病気や事故などで手や足などを失った人のために、それらの機能を補う義肢や、身体のどこかが障害によって機能しなくなった場合、その回復をさせたり、補ったりするための装具をつくります。例えば足の場合、その方が装着する場所のサイズを測り、型を取り、部品を組み立て、使用テストをして仕上げというのが仕事の流れです。勤務先は、民間の義肢製作会社が多くなります。
必要な資格
詳しくはこちら
視能訓練士
視能訓練士は、斜視や弱視など見る機能に障害がある方の検査を行って治療に必要なデータを伝えたり、見る機能を回復するための矯正訓練などを行います。視能訓練士は、多くが病院やリハビリテーションセンターなどの医療機関に勤務するほか、保健所、学校などに勤務している場合もあります。
必要な資格
詳しくはこちら
 
ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 Japan National Council of Social Welfare National Center for Social Service Human Resources.All rights reserved.