1. HOME >
  2. 福祉のお仕事 >
  3. 保健・医療の仕事
福祉のお仕事
  • 介護の仕事
  • 保育の仕事
  • 相談・援助・調整の仕事
  • 保健・医療の仕事
  • リハビリテーションの仕事
  • 栄養・調理の仕事
  • 運営・管理の仕事
  • 行政の相談所の職員
  • 市区町村社会福祉協議会の職員

福祉のお仕事

保健・医療の仕事

からだや心の悩みの回復をお手伝いする
高齢者や子ども、障害のある方などに接し、からだや心の悩みの回復をお手伝いする仕事です。その中でもこのページでは、「看護師」と「心理職」を紹介します。まず、看護師は、病院で働くイメージがあるかもしれませんが、福祉の現場でもたくさんの方が活躍しています。福祉施設で働く看護師や利用者の家庭を訪問して看護サービスを提供する訪問看護師がその例です。一方、心理職は、心の問題にかかわる専門家として心に悩みを抱えた人の相談にのって、カウンセリングなどを行うことで問題を解決していきます。

保健・医療の仕事
仕事につくには
看護の仕事につくには、看護師国家試験に合格する必要があります。看護系の大学、短期大学、看護師専門学校などを卒業すると受験資格を得られます。心理職になるには、大学・大学院の心理学科を卒業するか、医師の免許を取り心理の現場で経験を積むことが必要です。
 
職種紹介
看護師
福祉分野での看護師の仕事は、医療的なケアはもちろん、利用者の毎日の生活をバックアップしていくことが大切になります。そのため、看護職として医療、看護の知識や技術をもとに、福祉施設や在宅の利用者、そしてその家族が健康管理をできるようアドバイスしたり、医師や介護職など他の専門職と協力して利用者をサポートすることが大切です。
必要な資格
詳しくはこちら
保健師
地域住民が健康ですこやかに暮らせるように必要な保健に関する相談や指導等を行います。保健師は、主に都道府県・市町村などの保健所、保健センター等で保健行政に従事する行政保健師と、企業の産業保健スタッフとして勤務する産業保健師、学校等で学生と教職員の心身の健康保持に努める学校保健師(養護教諭)の3つに大別されます。
必要な資格
  • 看護師
  • 保健師
 
ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 Japan National Council of Social Welfare National Center for Social Service Human Resources.All rights reserved.