1. HOME >
  2. 福祉のお仕事 >
  3. 保育の仕事
福祉のお仕事
  • 介護の仕事
  • 保育の仕事
  • 相談・援助・調整の仕事
  • 保健・医療の仕事
  • リハビリテーションの仕事
  • 栄養・調理の仕事
  • 運営・管理の仕事
  • 行政の相談所の職員
  • 市区町村社会福祉協議会の職員

福祉のお仕事

保育の仕事

保護者とともに子どもたちを守り、育てる子育てのパートナー
子どもたちがすこやかに成長するよう、守り育てる「保育士」という職業があります。保育士は、保護者と一緒に、子どもたちが生活習慣を学び、身につけられるように養護と教育を行います。保育士の他にも、児童館などで音楽や図工の会といったイベントなどを行い、遊びを通じて子どもたちの成長を支援する児童厚生員という職業もあります。どちらも子どもたちを支援するだけではなく、保護者に対して子育てに関するアドバイスや指導を行います。

 

インタビューを見る
仕事につくには
保育士になるには国家資格が必要です。資格を取る方法はいくつかありますが、養成課程のある専門学校や短期大学・大学に進学するのが一つの方法です。この場合、卒業と同時に資格を取得することができます。児童厚生員になるためは、保育士や学校の教員になるための免許を持っているなど所定の条件を満たした上で、自治体の職員(公務員)として採用された後、児童館や児童センターなどの施設に配属されます。
 
職種紹介
保育士
子どもたちと関わることで食事やトイレ・睡眠などの生活習慣を身につけさせたり、遊びを通して集団生活を身につけるサポートをしたりします。職場には、保育所のほかに、さまざまな事情から家庭で生活できなくなった子どもたちが暮らす乳児院や児童養護施設、障害のある子どもたちを支援する障害児施設があります。
必要な資格
  • 保育士

    ※保育所以外にも保育士の配置が義務付けられている児童福祉施設があります。

詳しくはこちら
児童厚生員(児童に遊びを指導する者)
「児童に遊びを指導する者」は、児童館や児童センターで遊びを中心とした指導を行い、地域の子どもたちがすこやかに育つよう、サポートする仕事です。施設でレクリエーションを行うほか、最近では児童館を利用する学校に行けない子どもたちの支援を行うこともあります。多くの児童館は公立であるため、働くためには地方公務員試験を受けて公務員になることが必要になります。
必要な資格

児童館の多くは市町村が運営しているため児童厚生員として働くには各市町村の採用試験(公務員試験)に合格する必要があります。
その上で、次の要件を満たすことが必要になります。

※児童に遊びを指導する者に必要な条件の一部

  • 母子指導員の資格保有者(保育士資格保有者が中心)
  • 小学校・中学校・高など学校の教諭資格を有する者 など
詳しくはこちら

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 Japan National Council of Social Welfare National Center for Social Service Human Resources.All rights reserved.