1. HOME >
  2. 福祉のお仕事 >
  3. 介護の仕事
福祉のお仕事
  • 介護の仕事
  • 保育の仕事
  • 相談・援助・調整の仕事
  • 保健・医療の仕事
  • リハビリテーションの仕事
  • 栄養・調理の仕事
  • 運営・管理の仕事
  • 行政の相談所の職員
  • 市区町村社会福祉協議会の職員

福祉のお仕事

介護の仕事

高齢者や障害のある方の暮らしをサポートする
病気や障害があり日常生活を送るのが難しい方の支援を、専門知識・技術を活かして行い、利用者の自立をサポートする仕事です。食事・排せつ・入浴・着替えや移動など心身の状況に応じて日常生活を支援するとともに、高齢者や障害のある方一人ひとりの話をよく聞いて安心も届けます。精神的なケアも行います。また、利用者の家族の相談に乗ったり、介護の技術的な指導やアドバイスも行います。

インタビューを見る インタビューを見る インタビューを見る


仕事につくには
経験、資格の有無を問わない求人もありますが、多くは訪問介護員2級以上の資格を必要とする場合が多いです。訪問介護員の資格を取るためには、各地方自治体などが開催している講座を受けましょう。さらに介護福祉系の専門学校や大学で学び、国家資格である介護福祉士を取得すると就職に有利です。
 
職種紹介
社会福祉施設や病院の介護職(ケアワーカー、ケアスタッフ、介護職員、介助員)
高齢者や障害のある方が生活したり、通ったりする社会福祉施設や病院で介護をする仕事です。施設では生活全般のサポートや、行事やレクリエーションなどを行います。一部の公立施設を除き、社会福祉法人や医療法人、民間企業に就職することになります。
必要な資格

介護職として働くうえで、特定資格の保有を義務付ける法律などは現在、ありません。しかし、介護のエキスパートとして働くためには、介護福祉士などの資格を保有することが求められます。

詳しくはこちら
訪問介護員(ホームヘルパー)
高齢者や障害のある方の家庭を訪問して、介護サービスを提供する仕事です。仕事には、身体介護のほか、食事の準備、洗濯、掃除、買物などを手伝う家事援助などの生活支援サービスもあり、日常生活すべてを支援するのが、ホームヘルパーの特徴です。訪問介護事業を行うさまざまな事業所が就職の場となります。
必要な資格
詳しくはこちら

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 Japan National Council of Social Welfare National Center for Social Service Human Resources.All rights reserved.